韓国企業の景況見通し 8か月連続で基準値下回る

韓国企業の景況見通し 8か月連続で基準値下回る


 【ソウル聯合ニュース】韓国の景況判断指数(BSI)見通しが8か月連続で基準値の100を下回った。
 韓国の全国経済人連合会(全経連)が売上高を基準に企業600社を対象に調査した結果、来年1月のBSI見通しは85.7だった。
 BSIは100を上回ると、景気が回復するとみる企業が悪化するとみる企業より多いことを意味し、100未満はその逆となる。
 BSI見通しは今年5月に104.7だったが、6月に98.3、8月には82.7に落ち込むなど基準値を下回っている。
 企業は内需、輸出、投資、在庫、雇用などの調査対象全部門で3か月連続否定的な展望を示した。
 全経連は、欧州債務危機に加え、米国で減税失効と歳出削減が年明けに重なる「財政の崖」回避に向けた交渉が難航しているほか、国内の景気低迷も重なったためと分析した。 
2012年12月27日(木)17時18分配信 聯合ニュース

【関連記事】
韓国人の9割以上「現在の韓国は深刻な経済危機」
第3四半期の成長率は事実上ゼロだったことを明らかに=韓国
個人事業主の廃業が急増、昨年は83万人が廃業=韓国
韓国経済危機!もう一つの時限爆弾、集団ローン!
韓国貯蓄銀行の8割が赤字!営業停止の可能性も
韓国株!2~3年で50%の暴落リスクと米専門化が指摘

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2012-12-29 00:20 | 政治・経済(1341)