取調室で性交、ワイロ7千万円 韓国検察のすさまじき腐敗

取調室で性交、ワイロ7千万円… 韓国検察のすさまじき腐敗ぶり


 新大統領が決まった韓国だが、相次ぐ不祥事と身内に甘い手抜き捜査が続く韓国検察が揺れている。2012年11月には多額の賄賂を受け取った検事が逮捕され、さらに新米検事が取調室で容疑者と性的行為に至ったのではないかという疑惑も発覚した。ここ数年、収賄容疑などで検事が逮捕される不祥事が相次ぐ。これらを踏まえ、改革を訴えた検事総長は内部の猛反発で辞職に追い込まれた。自浄能力を失った権力の腐敗ぶり…。「腐った組織」から学ぶことは少なくない。(大谷卓)

◆7200万円の賄賂、容疑者と取調室で…
 韓国検察は2012年11月19日、ソウル高検の幹部検事(51)を特定犯罪加重処罰法違反容疑で逮捕した。中央日報などが伝えた。
 調べによると、この検事は捜査対象者でもあった企業グループと、約3万人から金銭を詐取し、「希代の詐欺師」と呼ばれる男の側近から計約9億ウォン(約7200万円)の賄賂を受け取り、捜査で手抜きをした疑いがもたれている。
 検事は「カネを借りて住宅保証金などとして使っただけ。対価性はない」と容疑を否定したが、韓国メディアは、その後の調べで、勤務した先々でも地元の建設業者から金品を受け取っていたと伝えた。
 不祥事はこれでは収まらなかった。

 同じ11月、新人検事(30)が、窃盗容疑で書類送検された女性容疑者(43)と性的関係を持ったとの疑惑が明らかになった。検事は事情聴取目的で容疑者を取調室に呼び、わいせつな行為をした上、数日後にはホテルで性的な関係を持ったとされる。
 検事は関係を持ったことは認めたものの、取調室での“行為”は否定。「法的に問題にしない」と2人が合意していたため、事件は進展しなかったものの、捜査対象者と取調室で性的関係を持ったとのスキャンダルに、検察への信頼は地に落ちた。




◆むき出しの「特権意識」
 事件では、検察の抱える深刻な問題と腐敗ぶりを浮かび上がらせた。
 まず、検察と警察との対立だ。
 幹部検事の事件では、警察の内偵が報道されたとたんに、検察が捜査を開始。警察側は「(身内の不祥事の)隠蔽が目的だ」と反発した。韓国では約1年前、警察の捜査権限を制限し、検察に指揮権を仰がなければならないとの刑事訴訟法の改正があり、それも反発に拍車をかけた。

 特権意識だけ強く、身内には甘い体質…。東亜日報は、動画共有サイト「ユーチューブ」で、一連の経緯を揶揄(やゆ)したパロディー動画が流されていると報じた。検察が事件を横取りし、身内への甘い捜査しかできないとの内容で、現職の警察官が作成したという。
 騒動はまだ収まらない。
 韓国メディアによると、日本の東京地検特捜部にあたる中央捜査部の崔在卿部長が、幹部検事に対し、逮捕前に携帯電話のメールで報道対応を助言、もみ消しをはかろうとしたことなどが発覚した。韓相大検事総長は部長の監察を指示した。しかし部長らが反発。捜査部廃止を含めた改革に取り組み始めた韓検事総長だったが、辞任に発展した。
 権力を守りたいという強欲だけがむき出しになった醜い権力闘争が背景にあるとされる。

 一方、新米検事の疑惑では、この女性の顔写真が外部に流出する騒動に。しかも、検事や検察職員20人以上が女性の個人情報を政府のコンピューター網から違法に閲覧していたとされ、いずれかの人物が流出元の可能性もあるとみて、警察が捜査しているという。

◆ベンツ、シャネル、グレンジャー…
 韓国では近年、検察をめぐる醜聞が相次いでいる。
 韓国の各メディアによると、10年には当時51歳の部長検事が建設業者から現代自動車の高級車グレンジャーと、現金など計4600万ウォンを受け取ったとして捜査を受けた。しかも疑惑を告発された後に検事が乗用車の代金を業者側に返していたにもかかわらず、検察側は「告発を知らずに返金した」などの理由で嫌疑なしと判断、捜査を一時やめた。
 この検事を、韓国メディアは「グレンジャー検事」と呼んだ。
 11年に起きた「ベンツ女性検事事件」では、当時36歳の女性検事が、知人の弁護士が横領容疑で告発した人物の処罰を、この弁護士から依頼され、意に沿うようにとりはからったとされる。
 女性検事は、対価として高級車ベンツを無償で使い、500万ウォン台のシャネルのバックをもらった。結局、総額約5600万ウォンの金品を提供されたとして逮捕され、懲役3年の判決を受けた。
 その「ゴッチャン体質」は凄(すさ)まじいとしか言いようがない。

◆権力は腐敗する
 腐った組織のありようは何を教えてくれるのか。
 大阪地検でも、平成22年に証拠品を押収したフロッピーディスク(FD)内の文書を改竄(かいざん)したとして、主任検事が逮捕され、その上司だった当時の特捜部長と副部長が事実を知りながら咎(とが)めなかったなどとして犯人隠避容疑で逮捕された。
 韓国の例とは異なるものの、同じ構図のようにも感じる。一般市民とは違う「権力」を持っていることの自覚を持ち、自らを厳しく律し、自浄作用を持つ組織でなければ、市民は信用しない。社会正義の砦(とりで)であろうとすればなおさらだ。砦が信頼できなければ社会は不安定になる。その意味でも、権力への監視を怠ってはならない。
2013年1月5日(土)17時7分配信 産経新聞

【関連記事】
韓国!国政選挙も腐敗!国会議員30人も選挙違反で起訴
韓国の性接待や賄賂など公職者の汚職蔓延!
「風俗街の帝王」贈収賄事件、警察幹部約40人が関与か=韓国
収賄:李大統領夫人のいとこに懲役2年=韓国
凶悪犯より恐ろしい「無能な韓国の警察」
現職検事が女性の不起訴を引き換えにSEXを強要=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-01-08 00:12 | えっちな♪(400)