IOC理事に「親韓派」ゾロリ、五輪除外の裏に「韓国マネー」か

レスリング五輪除外の裏に「韓国マネー」か 除外最有力だったテコンドーはセーフ


 本当に競技実態だけの理由なのかーー。世界のスポーツ界に衝撃を与えた国際オリンピック委員会(IOC)理事会による“レスリング除外”決定は、一夜明けた13日も波紋を広げた。東京が開催に立候補している2020年五輪で実施する中核競技からレスリングを外した判断を「死刑宣告」に例える元五輪金メダリストも。人気度や国際レスリング連盟(FILA)の組織体制への低評価が除外要因として浮かび上がった一方、不穏な情報もささやかれる。




 スイス・ローザンヌでの理事会決定後、FILA副会長も務める日本レスリング協会の福田富昭会長(71)は日本で一報に接し「寝耳に水だ。どうしてこういうことになったのか。不満だ。外す理由を知りたい」と首をかしげた。
 その一端が13日、明らかになった。AP通信の報道によると、IOCがまとめたロンドン五輪実施26競技の評価報告で、レスリングは人気度やFILAの組織体制などで低い評価だったことが判明。人気度は10段階の5を下回り、テレビ視聴者数やインターネットのアクセス数、メディアによる報道も少なかったと判定された。
 さらに、FILAの意思決定機関に選手代表が入っておらず、女性委員会はなく、理事会に医事専門家もいないとの指摘もあった。

 とはいえ、今回の決定は評価項目をポイント換算して順位をつけ、自動的にレスリングを除外したわけではない。ジャック・ロゲ会長(70)を除く14人の理事が無記名投票を繰り返して、中核競技から外れる1競技を決定。レスリングは近代五種、ホッケーとの決選投票で敗れた。一部ではかねて「魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界」とも言われるIOCの世界だけに、水面下で政治力が働いたとしても不思議ではない。日本レスリング協会関係者らは悔しそうにこう分析する。
「レスリングはロシアやイランなど、西欧諸国以外で盛ん。西側との太いパイプがなく、なかなかIOCには人気種目ということが伝わらないのかも」「イスラム教の(中東)国では肌や体の線を露出できない。このため、女子が参加できず、偏っていると思われたのか」

 さらに、不穏な情報も聞かれる。今回、除外の最有力候補と目されていたのはテコンドーで、次が近代五種。テコンドーは00年シドニー五輪から採用されたが、判定問題や展開の分かりにくさ、発祥国の韓国にメダルが偏ったこともあり、常に除外候補に入っていた。
 しかし、フタをあけてみれば決選投票にすら残らなかった。多数の金メダルをもたらした競技とあって、国を挙げたロビー活動を展開したのは間違いないところ。ただ、この“逆転劇”には「韓国マネーが動いたのではないか」(日本オリンピック委員会加盟競技団体関係者)。他競技でも国際組織の会長選などが行われる際、韓国の“実弾攻撃”は常に噂されてきただけに、レスリングがその犠牲になった…との見方は少なくない
 近代五種もIOCの報告では、人気度やテレビ放送などで評価が低かった。ただ、ロビー活動に余念がなかったといわれる。国際近代五種連合副会長のサマランチ・ジュニア氏(53)は前IOC会長の故ホアン・アントニオ・サマランチ氏の息子で、自身もIOC理事の立場にある。

 20年五輪の実施競技はまだ1枠が残っており、5月のIOC理事会による絞り込みを経て9月の総会で決まる。レスリングもその対象で、復活の可能性もある。女子55キロ級で五輪3連覇、同五輪の東京招致アンバサダーも務める吉田沙保里(30=ALSOK)は13日、報道陣の取材に対し「レスリングが外れたらショック」と話した。AP通信によると、シドニー五輪のグレコローマン130キロ級金メダルのルーロン・ガードナー氏(41=米国)は「いきなり死刑を宣告されたようだ」と失望感をあらわにした。
2013年2月14日(木)14時8分配信 東スポWeb



IOC理事に「親韓派」ゾロリ、韓国の名誉博士やテコンドー関係者など

国際オリンピック委員会(IOC)が、2020年五輪の中核競技からレスリングを除外した。このニュースは全世界に衝撃を与え、国際レスリング連盟は16日から開催した理事会で、五輪存続に向けた対応策に追われる事態となった。
このような中で韓国メディア「文化日報」は14日、審査を行ったロゲ会長を除く理事14人のうち、3人が韓国の名誉博士号を持っていると報じ、IOCが「親韓派」であることを明らかにした。
記事によると、IOC理事会の構成は次のとおり。このうちウィリー・カルトスクミット・ルジャン氏は世界テコンドー連盟(WTF)倫理委員長を務めており、「テコンドーに友好的な人物」という。さらにナワル・エル・ムータワキル氏、クレイグ・リーディー氏、ルネ・ファゼル氏は、それぞれ韓国の仁荷大学、建国大学、漢陽大學校から名誉博士が贈られている
会長 
ジャック・ロゲ(ベルギー)     ←2013年2月1日韓国李明博大統領から体育勲章「青竜章」を授与&接待

副会長(4人)
セルミャン・ウン(シンガポール)     ←韓国政府後援で招請(接待?)
トーマス・バッハ(ドイツ)
ナワル・エル・ムータワキル(モロッコ)  ←韓国の仁荷大学から名誉博士を授与、韓国政府後援で招請(接待?)
クレイグ・リーディー(英国)         ←韓国の建国大学から名誉博士を授与

理事(10人)
ジョン・コーツ(オーストラリア)
サム・ラムサミー(南アフリカ)
グニラ・リンドベリ(スウェーデン)
ウ・チンクオ(台湾)            ←韓国政府後援で招請(接待?)
ルネ・ファゼル(スイス)          ←韓国の漢陽大學校から名誉博士を授与
パトリック・ヒッキー(アイルランド)
クラウディア・ボケル(ドイツ)
フアン・アントニオ・サマランチ・ジュニア(スペイン)
セルゲイ・ブブカ(ウクライナ)
ウィリー・カルトスクミット・ルジャン(グアテマラ) ←世界テコンドー連盟(WTF)倫理委員長

さらに昨年は、韓国政府の後援で設立された国際スポーツ協力センター(ISC)が、セルミャン・ウン氏、ウ・チンクオ氏、ナワル・エル・ムータワキル氏を招請してカンファレンスを開催。大韓航空は、国際アマチュアボクシング協会(AIBA)と「Road to London Program」の後援協約を結び、ロンドン五輪に参加する発展途上国出身のボクシング選手やコーチをサポートし、これに対してIOCは感謝の意を表した。
記事は、このような活動が中核競技の選定でポジティブに働き、テコンドーの残留に成功したとの見方を示している。参照:文化日報
2013年02月18日16時30分 韓フルタイム (なお、矢印部分はLoveCoreaが追記)

【関連記事】
銅メダル剥奪も、韓国「独島はわが領土」=オリンピック
父準強制わいせつ!ロンドン五輪代表笠原江梨香のスキャンダル
米タイム誌、史上最悪の開幕式に「ソウルオリンピック」を選定
竹島プラカードに政治的意味なし。韓国五輪委の“トンデモ釈明”
ドイツ選手のヌードを晒す?韓国、五輪でもいつもの手口で攻撃
サムスンが五輪委員会に圧力、選手のヘッドフォンを使用禁止に

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-02-19 01:14 | 政治・経済(1341)