食品に異物混入4733件「最多は虫、キムチからカエルも」=韓国

食品に異物混入4733件「最多は虫、キムチからカエルも」=韓国


 食品医薬品安全庁は20日、昨年報告された食品の異物混入の発生件数は4733件で、2011年度比15.8%減、2010年度比44.9%減となり、2年連続で減少したと明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
 韓国メディアは、「虫・カビなど食品への異物、昨年4733件で15.8%減」、「サンドイッチからカタツムリ発見、昨年の異物報告4733件 」、「昨年の食品で最も多かった異物は虫」などの見出しで伝えた。
 食品医薬品安全庁は、異物調査が完了した4658件を分析した結果、異物の種類は虫が49.5%(2343件)と最も多く、次いでカビ〈570件、12.0%〉、金属(505件、10.7%)、プラスチック(283件、6.0%)、ガラス(73件、1.5%)の順だったと報告した。

 また、異物が発見された食品では、麺類が20.5% (957件)で最も多く、コーヒー(558件、12.0%)、菓子類(434件、9.3%)、飲料類(330件、7.1%)、パン・もち類(293件、6.3%)が続いた。
 主な異物混入の事例を見ると中小企業の製品が多く、ジーティーアイの『唐辛子揚げ』からは、タバコの吸殻が発見され、ジョンウ食品の『味キムチ』はカエル、サンドファームの『プレミアムハムエッグサンドイッチ』からはカタツムリが発見されたとの申告があったという。

 食品医薬品安全庁は、異物事故を減らすために大企業と中小企業間の「業界異物管理協力ネットワーク」を着実に運営して自律的な管理がなされるよう誘導する方針としている。これは、大企業と中小企業が協力体制を構築し、相互現場訪問、情報共有などをする方式で、昨年のネットワーク参加企業の異物混入率は17.5%となり、2011年の31.1%より大幅に減少した。
 また、食品医薬品安全庁は「食品を購入する際には、製品の包装状態を入念に確認し、また食品を保存するときは常にきれいな場所でよく密封した後、涼しい場所に置くように」と呼び掛けている。
2013年2月20日(水)12時44分配信 サーチナ (編集担当:李信恵・山口幸治)

日本なら1件でもあったら連日のように大騒ぎなのに、4733件も!すごいですね!!

【関連記事】
ノロウイルス キムチ流通!キムチなど700トン回収へ=韓国
今年から生ゴミの海洋投棄終了で、生ゴミの行き場失う=韓国
韓国!73%の企業が発ガン・毒性物質垂れ流し?大企業も30年以上
韓国!残飯の使い回し合法化!
韓国焼肉!包むと危険!?サンチュなどから1700倍の農薬
韓国海苔!食べると危険!?猛毒の硫酸入り栄養剤の使用発覚

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-02-22 01:34 | 食品・食べ物(145)