韓国金融システムの最大リスクはウォン高よりも家計債務

金融システムの最大リスクは家計債務=韓銀調査


 韓国銀行が国内外の金融市場専門家を対象にアンケートを実施した結果、専門家は過度の家計債務が韓国の金融システムの最大のリスク要因と判断していることが分かった。
 韓銀は先月、金融業界の経営戦略・リスク担当部署責任者、ファンドマネジャー、海外資産運用会社の韓国投資担当者ら専門家90人を対象にアンケート(複数回答可能)を実施した。その結果、家計債務をリスク要因として挙げる回答が82.2%に上った。以下▲為替変動(57.8%)▲住宅価格の下落(56.7%)▲企業の信用リスク(債務不履行リスク)増大(53.3%)▲ユーロ圏の危機(52.2%)―が上位となった。
 韓銀は昨年から1月と7月の年2回、韓国の金融システムのリスク要因について、専門家を対象としたアンケートを実施している。




 昨年7月の結果と比較すると、為替変動、企業の信用リスク増大が5大リスク要因に新たに浮上した。為替変動は昨年12月に日本で安倍政権が発足後、円安が進んだことが、市場参加者の不安心理を誘ったとみられる。企業の信用リスク増大は昨年9月、熊津ホールディングスの法定管理(会社更生法適用に相当)申請を受け、信用格付けの低い社債市場が冷え込んだことが影響を与えた。昨年7月に5大リスク要因に入った中国経済のハードランディング、米国の景気回復の遅れは今回は含まれなかった。昨年後半以降、米中経済が底入れし、回復を示しているためとみられる。
 専門家らは韓国の金融システムのリスク発生可能性が全体的に低下したと評価している。今回の調査で「1年以内にシステムリスクが発生する可能性はどの程度あるか」と尋ねたところ、「低い」(52.2%)が「高い」(16.7%)をはるかに上回った。昨年7月の調査と比較すると、「低い」との回答は19.8ポイント増え、「高い」との回答は10.5ポイント減った。
2013年2月19日(火)8時58分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
韓国!個人・企業・政府の負債3591兆ウォン!GDPの3倍に肉薄
忍び寄る「韓国版サブプライム危機」の影!韓国の爆弾?LTV制度とは
韓国経済危機!もう一つの時限爆弾、集団ローン!
韓国!格付けもねつ造?信用できない!「債務不履行」相次ぐ
韓国の中小輸出企業の93%が円安ウォン高により損失
さらに2行増え、韓国!破綻処理の貯蓄銀行だけで26カ所に!
知っていますか?太陽光・風力・シェールガスなど代替エネルギーの問題点

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-02-22 01:49 | 政治・経済(1341)