1月の日本の貿易赤字!過去最大を記録。燃料費など膨らむ

<貿易赤字>過去最大を記録 円安で燃料費など膨らむ


a0232045_1355585.jpg
 財務省が20日発表した1月の貿易統計(速報、通関ベース)で、輸出から輸入を差し引いた貿易収支が1兆6294億円の赤字となり、赤字幅は単月として過去最大を記録した。昨秋以降の円安で燃料などの輸入価格が上昇したことが響いた。最近の円安は輸出の追い風となるが、円建ての輸入額を押し上げる効果もあり、「貿易収支の黒字転換は当面、見通せない」との見方が強まっている。【工藤昭久、岡田悟、赤間清広】

 1月は、世界経済の回復基調などを受け、輸出が8カ月ぶりに増加したが、それを上回る勢いで輸入が増えた。その原因が円安だ。外国為替市場では昨年11月の衆院解散後、急速に円安が進み、1月の貿易統計に反映された円相場は1ドル=86.93円と、前年同月に比べて円相場は12.4%も下落。円が安くなると、ドルなど外貨建てで輸入しているモノの円建て価格が上昇し、輸入額を押し上げる。
 例えば、原発停止の影響で輸入量、輸入額とも単月として過去最大を更新した火力発電所など向けの液化天然ガス(LNG)。輸入量の伸びが前年同月比1.0%増にとどまったのに対し、円安の影響で輸入額は11.4%増に急伸した。石油製品の輸入額も33.7%増と急増し、輸入総額は7.3%増の6兆4286億円に膨らんだ。




 米国や中国など世界経済の緩やかな回復を受けて、輸出も6.4%増の4兆7992億円と改善。欧州連合(EU)向けは、船舶や自動車が伸び悩んで4.5%減の5081億円と16カ月連続で減ったが、米国や新興国向けは復調が期待できる。
 このため「米国やアジアの景気回復を背景に輸出の増加傾向は続き、貿易赤字は縮小していく」(大和総研の橋本政彦エコノミスト)との見方もあるが、輸入した原材料を加工して最終製品や部品を輸出する日本では、企業の生産が増えれば原材料の輸入も増えるため、貿易収支が改善するとは限らない。米化学大手ダウ・ケミカルと住友化学の合弁会社・ダウ化工は20日、家庭やオフィス向けの断熱材を3月21日出荷分から20%値上げすると発表した。「円安進行で、原料となる石油製品の輸入価格が上昇している」(広報)ためで、円安で海外とモノやサービスをやり取りする際の条件が悪化すれば、家庭や企業の負担増につながる。
 原発再稼働の見通しが立たない中、LNGの輸入量は高水準で推移するとみられ、円安もあいまって一段と輸入額を押し上げる。日本貿易会の槍田松瑩(うつだ・しょうえい)会長(三井物産会長)は20日の記者会見で「輸出はそれなりに増えているが、エネルギーを中心に輸入額の増加が大きく、カバーできない」と述べた。大和総研の橋本氏も「LNGなどの輸入価格の高止まりが続く以上、貿易黒字への転換の見通しは立たない」と指摘し、世界経済が好転しても、当面は貿易赤字が定着する可能性がある。
2013年2月20日(水)21時15分配信 毎日新聞

貿易赤字がたった1ヶ月で「-1兆6294億円」。単純に12ヶ月かけると1年で「-19兆5528億円」。季節分や急激な円安効果などもあるため、こうはならないかと思いますが、昨年も約6兆9千億の赤字ですので年10兆円の赤字になる可能性はあります。一方、平成24年度の歳入は約42兆円。また歳出のうち約22兆円は1000兆円ともいわれる借金の返済で、この赤字を埋める財政出動も出来ない状況です。年1兆円ずつ社会保障費負担が増加していく中、毎年10兆円もの赤字を垂れ流し続けて、日本はあと何年もつのでしょうか。グラフを見ればわかる通り、原発を止める前は今以上の円安でも黒字でした。止めていてもコストもリスクも大して変わらない原発を動かさないのは無駄ではないのでしょうか。

【関連記事】
よくわかる!?太陽光・風力・地熱、シェールガスなど代替エネルギーの問題点
脱原発派、在日・反日だらけ!?大量潜伏?スパイも?
北海道や熊本も?日本産水産物への異常な放射線規制=韓国
原発ゼロと代替エネルギーの可能性と問題点
超危険な韓国の原発!品質保証偽造で原発2基停止!大停電も
韓国が原発を19基、新たに日本海側へ建設!

政治 ブログランキング border=人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-02-26 01:14 | 政治・経済(1341)