初の対日演説で朴大統領!千年、日本を恨み続ける!?

初の対日演説 “変化と責任”求める 朴大統領、「未来」より「歴史」を強調


 ■民間団体「日本製品不買を」
 【ソウル=加藤達也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、朝鮮半島の日本統治に抵抗して1919年に起きた「三・一独立運動」から94年にあたる1日、ソウルで開かれた式典で演説し、日本について「われわれの同伴者として21世紀の東アジアの時代をともに導いていくためには、歴史を正しく直視して責任を負う姿勢を持たなければならない」と述べた。島根県・竹島や慰安婦に関して具体的に言及しなかったものの、「積極的な変化と責任ある行動」を日本側に求めた

 朴大統領は2月25日の就任式当日、麻生太郎副総理との会談で日本に歴史問題への対応を求めたが、演説で日韓関係への認識を示したのは初めて。
 韓国の歴代政権をみると、発足直後は対日関係について「未来」を重視する姿勢を示すことが多いが、朴大統領は就任以降、「歴史」を強調し続けている。外交政策における国別優先順位が(1)米国(2)日本から、(1)米国(2)中国に変わったことも関係していそうだ。




 この日は、島根県の「竹島の日」などに抗議する「路地裏商店街保護消費者連盟」の幹部らがソウル市内で集会を開き、消費者に日本製品の不買を呼び掛けた。ソウルの日本大使館前でも抗議デモが行われた。
 朴氏は記念式典での演説で、日韓関係を「加害者と被害者という歴史的立場」と表現し、「(この立場は)千年の歴史が流れても変わることはない」と語った。その一方で、「両国の未来世代にまで過去の歴史の重荷を持ち越してはならず、現世代の政治指導者の決断と勇気が必要だ」とも強調し、自らの政権下での懸案解決に意欲を見せた。
 また、演説では北朝鮮にも触れ、「核と挑発では何も得るものはなく、孤立と苦痛だけが増大することを悟らなければならない」と主張。「核開発をあきらめ、挑発をやめてこそ国際社会の責任ある一員になれる」と指摘し、改めて核の放棄を要求した。
 一方で「正しい選択をし変化の道を歩むならば柔軟に対応する」とも述べた。
2013年3月2日(土)7時55分配信 産経新聞


朴韓国大統領、日本は歴史直視を 被害の立場は千年不変 

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は1日、独立運動記念の政府式典演説で、日韓がパートナーになるためには「日本が歴史を正しく直視し、責任を取る姿勢を持たねばならない」と述べ、竹島(韓国名・独島)の領有権や旧日本軍の従軍慰安婦などの歴史問題で対応を取るよう求めた。加害者と被害者の立場は「千年の歴史が流れても変わらない」と強調。時間の経過だけでは問題は解決しないとして、日本に早期の態度変化を要求した。
2013年03月01日11時18分 共同通信

「1000年たかる!」それとも「1000年恨む!」宣言でしょうか。韓国政府が正式にこのような考えをとるのですから、安倍総理も初心を忘れず、「配慮に重きを置いた韓国外交」ではなく、厳しい態度で接していただきたいものです。

【関連記事】
竹島の日!600万人の自営業者が日本製品の不買運動=韓国
2013年!テレビ局の韓国ごり押しの今!昨日のテレビ版から
配慮に重きを置いた韓国外交を見直す時=安倍元総理
韓国への制裁案・運動と日本が韓国に対して優遇しているもの
李明博竹島訪問から最近までの韓国の反日・挑発行動まとめ
驚愕の手口!5万潜入中国スパイ軍団「日本壊滅マル秘作戦」

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-03-04 02:14 | 政治・経済(1341)