対馬仏像盗難!韓国住職、「別の仏像渡したい」

韓国住職ら対馬訪問へ=日本側は面会拒否―盗難仏像問題

 【ソウル時事】長崎県対馬の観音寺から盗まれ、韓国に運び込まれた仏像「観世音菩薩坐像」の返還問題で、かつて仏像を所蔵していたと主張する韓国の寺の住職は12日、対馬を14日に訪れることを明らかにした。観音寺の関係者らと面会し、解決の糸口を探るという。

 訪日するのは忠清南道瑞山にある浮石寺の円牛住職や市民団体メンバーら6人。円牛住職は「(観音寺側に)慰労の手紙を渡し、浮石寺を象徴する人形と(盗まれたものとは別の)仏像を渡したい」と話している。
 これに対し、観音寺の前住職田中節孝さんは、「盗品なのだから、まずは返してほしい。代わりの仏像というような提案は、到底受け入れられない話だ。面会には応じない」と憤慨している。
 この仏像をめぐっては、韓国の大田地裁が2月、観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで日本側に返還できないとする仮処分を出した。日本政府は外交ルートを通じて返還を要求、韓国政府が対応を検討している。 
2013年3月12日(火)16時44分配信 時事通信

ちなみに、対馬市の観音寺の「観世音菩薩坐像は長崎県の重要文化財に指定されているおり、韓国では保存できている仏像など骨董品が少なく国宝級にあたるという。FNN(フジテレビ系)によると、日本側が「仏像は、朝鮮半島の文化を伝えるために対馬に持ち込まれた」と主張しているのに対し、韓国浮石寺の関係者らは「西暦1370年ごろに日本に略奪された」と主張している。
この訪問に対して、観音寺関係者は激怒しており、対馬市教育委員会は「代わりの仏像を持ってくると聞いたので、それは向こうの既成事実をつくるだけでは」と話している


【関連記事】
仏像盗難、韓国僧の呆れた要求!恩をあだで返す韓国の歴史。なぜか祈祷師も対馬へ
親日派の財産は国のもの!子孫から奪う判決=韓国
対馬で盗難の仏像「返還ダメ」=地裁が仮処分=韓国
韓国政府、親日派子孫の9人から財産4億8千万円没収を決定
韓国人と結婚すると子供も反日?韓国の洗脳じみた反日教育!
今度は韓国の地方議会に対馬の領有権を主張する決議案
2013年!テレビ局の韓国ごり押しの今!昨日のテレビ版から
韓国“反日”逆ギレ 「日本仏像窃盗団」摘発の行方は

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-03-14 01:41 | 政治・経済(1341)