<北朝鮮>韓米演習終了時に韓国攻撃の可能性!?

<北朝鮮>韓米演習終了時に挑発の可能性か


◇元人民軍幹部の脱北者指摘 黄海で軍事挑発か
北朝鮮による韓国に向けた挑発行為の可能性が高まる中、韓米合同訓練(キー・リゾルブ)が終了する頃に、東西海で同時多発的に挑発行為を強行する可能性が高いと、人民軍高位幹部出身の脱北者が予測した。
元軍幹部のキム・ヒョンサム(仮名)氏は12日、デイリーNKと面談。
「北朝鮮は各部隊に戦争指針書(シナリオ)を定期的に配布する。指針書には韓米合同訓練が『準備段階→攻撃訓練段階→最終撤収段階』などの3段階に分けられるとの説明がある」と話した。
さらにキム氏は
「そのうち最終段階の3段階(撤収段階)が北朝鮮軍にとって総攻撃段階に該当する。北朝鮮軍は韓米合同訓練が終了する21日を前後に、奇襲挑発行為を強行する可能性が非常に高い。過去の事例を振り返ってみても、訓練が終了する3段階の頃に北朝鮮は行動を起こしてきた。今回も米軍が撤収する3段階の時点で、韓米軍の主要戦力に対する攻撃や、黄海諸島などを狙った攻撃を加える可能性がある
と予測した。




挑発行為の形態についてキム氏は
「延坪島砲撃のように黄海のNLL(北方限界線)地域の5つの島に対する武力挑発の可能性が最も高い。北朝鮮の打撃隊が島を奇襲襲撃し占拠した後、撤収するというシナリオもあるだろう。このような訓練を数十年繰り返してきているため、いつでも実践可能だ」
と話した。
彼はこのような変則的な挑発行為こそが、北朝鮮が主張する「第2、第3の強力な対応措置」であると予測した。

彼はさらに
「偵察総局長の金英徹(キム・ヨンチョル)が最近大将に復職しており、忠誠心を示す次元で海上侵入や、偵察組による韓国沿岸の対象物に対する打撃活動も予想される。現在のように砲射撃に注意が集中している隙を狙った打撃戦術の可能性も排除できない。東海岸周辺に位置する原子力発電所をはじめ、化学物(有毒物)施設に対する爆破といった攻撃を加え、韓国内部の甚大な混乱を引き起こすこともありうる
と強調した。

キム氏は、偵察総局基地を自ら訪問した経験を元に
「韓国のミサイル基地及び主要目標物の破壊を目的に3、4人で構成された偵察組80組余りが1つの大隊として運営されている。現在、5つの大隊、つまり計400組の偵察組が運営されている」
と述べた。
北朝鮮軍が海上基地の半潜水艇と小型潜水艇で韓国領海に侵入することもあるとキム氏は指摘する。
2013年3月13日(水)19時5分配信 アジアプレス (本誌特約=「デイリーNK」パク・ソングク記者)

【関連記事】
朝鮮戦争再び?北朝鮮停戦協定破棄を宣言!韓国も警戒引上げ
北朝鮮「全面戦争の準備を完了」宣言!南北不可侵合意も無効化
戦慄予測アメリカが北朝鮮に先制攻撃!そのとき日本は!?
北朝鮮“威嚇”軍事挑発になれば報復~韓国
北朝鮮!核実験「成功」と発表=「小型・軽量化」原爆使用と主張
ゴーマン国家もう許さん!安倍とオバマの中国ブッ潰し計画

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-03-20 01:44 | 政治・経済(1341)