韓国中産層の半数以上が赤字 ローン返済や教育費が負担

韓国中産層の半数は赤字 ローン返済や教育費が負担


【ソウル聯合ニュース】韓国の中産層の半分以上が住宅ローンの元金返済と子どもの私教育費の支払いに追われ、家計が赤字だとの分析結果が出た
 米経営コンサルタント大手マッキンゼー・アンド・カンパニーは14日までにまとめた報告書で、韓国の中産層が高額な住宅ローンを返済するために毎月膨大な金額を支払っている上、子どもの私教育費は世界のどの国よりも多いと指摘。その結果、過去20年間、韓国の中産層の財務状況が極度に悪化したとの見方を示した。

 報告書は韓国の中産層が現在直面している財務ストレスの根源を把握し、中産層の財政難が韓国経済全般に与える影響を分析した。マッキンゼーが韓国経済全般を分析した報告書を発表したのは1998年以来となる。
 報告書によると、毎月の収入を上回る支出に伴い赤字を出している中産層世帯の割合は20年間で15%から25%に増加した。月別の支出統計に含まれていない住宅担保ローンの元金返済額を反映すると中産層の55%が赤字状態だ。




 マッキンゼーは、住宅価格を規制し、銀行の経営破たんを防ぐために設けられた厳格なローン資産価値比率(LTV)がむしろ融資費用を増やす原因となっているとの見方を示した。銀行から調達可能な借入金は住宅価格の約50%にとどまり、若い世帯が住宅を購入する場合は銀行以外の金融機関に頼らざるを得ず、韓国の世帯所得に占めるローン返済額の割合は米国の平均の2倍を超えるとも言及した。
 また、「韓国人は高等教育の価値をあまりにも高く評価しているため、子どもを名門大学に進学させるための出費を惜しまないが、これは結局、財務ストレスの増加、世帯規模の減少、出生率の下落をあおる」と指摘した。

 このほか、韓国のサービス部門と中小企業のぜい弱さが雇用縮小と個人所得の減少につながったとの見方も示した。
 韓国のサービス産業は商店、運送、飲食業など自営業が大半を占め、低付加価値業種で構成されていると指摘。サービス部門の生産性が製造業の生産性の40%にとどまり、社員1人当たりの付加価値も米国、英国、ドイツに比べ30~57%低いと分析した。
 労働市場の問題点も指摘した。現在の韓国の失業率は3.9%と経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の半分だが、不完全就業者、学費を工面するための休学者、非自発的なパートタイム労働者を含めると失業率ははるかに高いと指摘した。

 出産後の職場復帰が難しいため30~39歳の女性の労働参加率が低い点や、韓国企業が求める労働時間が共働き夫婦にとっては働きにくい点は中産層の財務負担を高め、出生率低下につながると述べた。
マッキンゼーは韓国がこれらの負担から脱却し、持続可能な成長の道を進むための方法として、▼長期・確定金利の住宅担保ローンへの転換▼LTV規制の緩和▼高等教育に対する根本的な認識の転換に向けたキャンペーン実施▼高校生に対する職業教育の活性化▼保健医療、社会福祉、金融、観光など高付加価値サービス産業への支援▼中小企業部門の活性化▼女性の労働参加の拡大――など提示した。
2013年4月14日(日)14時22分配信 聯合ニュース


【社説】韓国の中産階級、半数に貧困層転落リスク

 世界的なコンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーは14日、韓国に関するリポートで「中産階級の世帯の半分が所得低迷と支出拡大のわなにはまり、貧困層に転落する危機に直面している」と警告した。中産階級世帯の割合が1990年の75.4%から2010年には67.5%へと低下を続けている上、中産階級世帯の55%はローン返済で家計が赤字に陥っている「貧困中産階級」だという。

 中産階級崩壊の最大の原因は、賃金が高い大企業による雇用が減り、家計所得が増えないことにある。製造業部門の大企業の生産性は、1995~2010年に年平均で9.3%向上した。しかし、海外での生産割合が2005年の6.7%から10年には16.7%に高まり、韓国国内の雇用は毎年2%ずつ減少した。

 韓国の雇用の88%を占める中小企業と70%を占めるサービス業は、低い生産性の泥沼から抜け出せずにいる。製造業部門の中小企業の生産性は1990年には大企業の49%だったが、2010年には27%にまで低下した。賃金水準は大企業の半分にとどまっている。ドイツの中小企業の生産性は、大企業の62%、賃金は大企業の90%に達する。韓国のサービス業の生産性も大企業の40%前後だ

 所得は増えない中、住宅ローンの返済負担が増大し、教育費の負担ものしかかる。このため、家計の貯蓄率は1994年の20%から2012年には3%にまで低下し、家計債務が爆発的に増えた。マッキンゼーは「世界最高レベルの自殺率と離婚増加、少子化の傾向も中産階級の崩壊と関係がある。このまま行けば、韓国経済が成長を続けられなくなる」と指摘した。

 韓国経済が新たな成長基盤を築くには、中小企業とサービス業の競争力を高め、効率化しなければならない。そうした指摘は以前からある。しかし、歴代政権は、利害当事者の抵抗と、関連する集団の対立を調整・説得できるだけの方策を示せなかった。韓国経済が活力を取り戻し、良質の雇用を創出するためには、生産性の低い企業が経済の原理に従い淘汰(とうた)され、その労働力と資本が効率的な新生企業にシフトするような企業生態系のサイクルを構築しなければならない。さもなければ、企業と産業全体の生産性が高まることも、中産階級が再形成されることもなく、福祉社会の基礎を築くこともできない。
2013年04月16日10時49分 朝鮮日報

【関連記事】
5人に1人だけカウント!実態態とかけ離れた失業者統計=韓国
忍び寄る「韓国版サブプライム危機」の影!韓国の爆弾?LTV制度とは
韓国経済危機!もう一つの時限爆弾、集団ローン!
韓国の若年失業の実態!20代の約4割が非就業・非求職
韓国の負債比率が過去最高に GDP比283%
7カ月連続で0%台成長の韓国!経済非常事態宣布

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-04-16 00:59 | 政治・経済(1341)