アップル、iPhone6からサムスン製APチップ排除

アップル、iPhone6からサムスン製APチップ排除


アップルが来年からiPhoneの核心部品であるアプリケーションプロセッサー(AP)にサムスン電子製品を使わない見通しだ。
APはコンピュータの中央演算装置(CPU)に相当するもので、スマートフォンの頭脳に当たる。「iPhone5」のAPはサムスン電子が独占供給した。アップルの“脱サムスン”戦略が加速化しそうだ。
台湾メディアのデジタイムズは2日、アップルが2014年下半期に出すスマートフォン 「iPhone6」に使われるAP100%を台湾の半導体受託業者であるTSMCに任せる契約を進行中だと報道した。TSMCはアップルの大量注文に応じるため昨年4月に台湾に12インチウェハー製造工場の建設に着工し同年11月に棟上げ式をした。着工1年もたたずに装備設置を始めた。これに先立ちTSMCは来年初め20ナノメートルチップを大量生産することになると明らかにしたが、iPhone発売日程に合わせるためこれを年内に操り上げたということだ。
記事によるとサムスン電子は今年下半期に発売されるiPhone5後続モデルのAPまで供給することになる。サムスン電子は2007年からアップルのiPhoneとiPadに使われるAPを全量供給してきた。サムスン電子のシステム半導体部門は世界のスマートフォンの2大巨頭であるギャラクシーシリーズとiPhoneのAPをすべて生産し急成長した。だが、両社の特許紛争が深刻化しアップルはiPhone5からサムスンのメモリーを排除するなどサムスン部品への依存度を減らす傾向にある。
一方、サムスン電子は、「顧客との契約関係などは現在言及する段階ではない」とし公式な立場を明らかにしていない。
2013年05月06日08時30分 中央日報

ようやくですね!

【関連記事】
アップルに敗訴を言い渡した英判事!サムスンの法律顧問に就任
韓国サムスン製テレビに不良700万台!?米で集団訴訟も
韓国で繰り返される原発故障!低技術での危険な火遊び!
サムスンのパクリ病はもはや中毒、訴えられるのは日常茶飯事
サムスンから技術だけ盗まれ「用なし」クビ日本人が急増中!?
米ITC、サムスンによるアップル特許の一部侵害を認める仮決定

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-05-09 00:28 | 政治・経済(1341)