通報で駆けつけた韓国警察、レイプを1時間も観察!救出せず

「強姦とは思わなかった」、駆け付けた警察が現場で1時間も“様子見”―韓国


韓国紙・朝鮮日報が5日付で伝えたところによると、韓国京畿道(キョンギド)水原市(スウォン)で、電子足輪を着用した性犯罪歴のある20代の男が強姦事件を起こしたが、駆け付けた警察が「合意の上の行為」と勘違いし、被害女性を救出しなかったことが分かった。7日付で中国網が伝えた。

記事によると、通報を受けて駆け付けた警察は、行為の最中の2人を発見。ところが、「見たところ、2人はとても自然で男が凶器を使用している様子もなかったため、合意の上の行為にしか見えなかった」ことから、ひとまず「様子を観察」することに。
そして、「たとえ強姦されていたとしても、行為の最中に踏み込むと女性に危険が及ぶのではないかと思った」ことから、結局、その後1時間も「観察」し続けた。これを知った韓国国民は大激怒。現場にいながら女性を救わなかった警官たちに批判の声が殺到している。
2013年5月9日(木)21時7分配信 XINHUA.JP

【関連記事】
韓国でまた!?レイプで助け求めるも警察応答せず?
レイプ強盗の警官、過去に表彰18回!収賄で復職?=韓国
グズグズとした無能な警察!20代女性の集団レイプを放置
「風俗街の帝王」贈収賄事件、警察幹部約40人が関与か=韓国
凶悪犯より恐ろしい「無能な韓国の警察」
警官が罪なき市民を殺人者だと追いつめレイプ!金も要求=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-05-13 00:59 | 政治・経済(1341)