韓国のニート率!日本の約2倍。青年の5人に1人

日本よりも高い韓国の「ニート率」…青年の5人に1人


 国際労働機構(ILO)は20日、2013年度の世界青年雇用動向報告書を発表し、各国の青年層(15-29歳)の「ニート」率について明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
 「ニート(NEET:Not in Education,Employment or Training)」とは学校に行かず、就業も就業訓練もしない者を指す。
 報告書によると、韓国の比率は19.2%で、経済協力開発機構(OECD)加盟国34カ国のうち7番目に高かった。OECD平均の青年層ニート率は15.8%という。

 青年層ニート率がもっとも低い国はルクセンブルクで7.1%。ノルウェー(8.5%)、スロベニア(8.8%)、スイス(9.7%)、日本(9.9%)の国々は10%に満たなかった。主要先進国は、米国(16.1%)、英国(15.9%)、ドイツ(12.0%)、フランス(16.7%)となった。
 国際労働機構は、09年以降減少していた青年失業率が再び増加に転じていると指摘。12年から13年にかけ世界的な景気回復が鈍く、青年失業率が深刻な状態にあるとし、このままの状態が続けば18年まで世界の青年失業率は高まり続けるだろうと予測した。また、青年層の求職期間は年々長くなっており、彼らの求職意思が削がれていると分析した。
 韓国メディアは、韓国の青年5人に1人がニートであることが判明したとし、「ニート率は日本より2倍も高い」と危機感を示した。
2013年5月21日(火)15時52分配信 サーチナ (編集担当:新川悠)

【関連記事】
韓国家庭の6割!疾病・借金・失業などで危機的状況!!
男女賃金格差が39%、OECD中最も高く=韓国
5人に1人だけカウント!実態態とかけ離れた失業者統計=韓国
韓国の若年失業の実態!20代の約4割が非就業・非求職
ドル安より恐ろしい“円安空襲”韓国の20業種のうち17業種で利益減
韓国!商工人の景況判断指数(BSI)が大幅悪化

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-05-22 01:13 | 政治・経済(1341)