外国人の生活保護需給、10年で倍増=韓国・北朝鮮人が最多

日本で生活保護受ける外国人が増加、10年前のほぼ倍、「韓国・朝鮮人」が最多―華字紙


華字紙・日本新華僑報によると、日本で生活保護を受ける外国人受給者のうち、「韓国・朝鮮人」が最多であることが分かった。20日付で中国新聞網が伝えた。
日本経済の低迷により、近年、日本に長期滞在する外国人は減少を続けているが、生活保護を受ける外国人は反対に増加の一途をたどっている。

厚生労働省の最新の調査結果によると、2011年には生活保護を受給する外国人は約4万3500世帯、月平均で約7万3000人に上った。10年前と比べ、生活保護を受ける外国人はほぼ倍増した。
国籍別では「韓国・朝鮮人」が最多。在日韓国人・朝鮮人は日本の国民年金に加入しておらず、高齢になって働けなくなると、生活保護に頼るしかないというのがその大きな原因のようだ。
2013年5月21日(火)21時42分配信 XINHUA.JP

【関連記事】
生活保護をむさぼる在日韓国・朝鮮人
外国人生活保護世帯、過去最多!在日韓国・朝鮮人が2/3
外国人の生活保護受給者 帰国せず、際限なき膨張
「在日外国人の生活保護受給はおかしい」フィフィ発言で白熱
外国人の生活保護不正は防げない?中国人が1千万円詐欺
年商1億超で生活保護受給!韓国女逮捕=警視庁

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-05-24 00:34 | 政治・経済(1341)