円安で打撃 韓国製造業の対日貿易赤字額増

円安で打撃 韓国製造業の対日貿易赤字額増加

【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会の国際貿易研究院が2日に発表した報告書によると、円安による影響で4月の対日貿易赤字の規模が31億ドル(約3114億円)と28か月ぶりの高水準になった。
 両国の輸出商品の競合度を示す指数も2008年の世界金融危機時(0.456)以降で最も高い0.481に達した。同指数は世界市場で競合する韓日企業の商品の比率を表すもので化学や石油製品、輸送機械、医薬品などが高かった。

 報告書は、円のレートが対ドルで10%下落した場合、2012年基準で韓国企業の営業利益が87兆7000億ウォン(7兆7829億円)から82兆9000億ウォンに4兆8000億ウォン(5.5%)減り、営業利益率も5.04%から4.83%に下落すると分析した。




 企業の規模別では、輸出の割合が高い大企業の営業利益減少幅(6.3%)が中小企業(3.9%)を上回った。
 業種別では石油化学や自動車、電機・電子、機械類の売上高が大きく減少すると予想した。
 円の対ドルレートは5月10日に1ドル=100円を突破し、5月30日には101.1円となった。昨年、最も円高が進んだ時期よりも30%以上の円安となっている。
 一方、貿易協会が米国や欧州など5大市場に進出する現地の韓国企業124社にアンケートしたところ、円安の影響が「ある」と答えた企業は63%で、「ない」の37%を大きく上回った。
 円安の具体的な影響については、48%が「マージンの減少」、15%が「市場占有率の低下」を挙げた。
 全体の61%の企業は「今のところ日本との競合製品の価格変動はない」と答えた。
 また回答企業の73%が、円が1ドル=110円に達すると、輸出が平均10%減少すると予想。輸出企業が競争力を維持できるとするレートの平均は1ドル=93円だった。
2013年6月2日(日)14時32分配信 聯合ニュース

【関連記事】
「アベノミクス」が中韓ばかり、嫌悪される理由
韓国国有企業、債務36兆円に 前政権主導の大型事業で増大
【社説】上場企業の3割が銀行金利も支払えない韓国
韓国大企業の潜在不良債権、4兆円超か
韓国0.25%利下げも効果なし!景気下ぶれ懸念も(チャートあり)
韓国経済“赤信号”…500大企業の実績が急速悪化

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-06-04 01:39 | 政治・経済(1341)