「主審は韓国の12番目の選手だった」レバノン監督が猛烈非難

「主審は韓国の12番目の選手だった」レバノン監督が猛烈非難


 サッカーレバノン代表のテオ・ベッカー監督は4日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選での韓国戦後、メディアに「主審は韓国の12番目の選手だった」と発言し、主審の判定に疑問を呈した。複数の韓国メディアが報じた。
 試合では前半12分にレバノンが先制。韓国は猛攻を仕掛けたが得点できず、後半ロスタイム7分にゴール前のフリーキックをキム・チウが決め、土壇場で1-1の引き分けとした。
 テオ・ベッカー監督は試合後の記者会見で、「(審判は)後半ロスタイムの時間をあまりに多くとった。失点のきっかけとなったフリーキックも、実際にはファールをとるほどの状況ではなかった」とロスタイムの時間や主審の判定を批判した。

 また、レバノンの英字メディア「デイリースター」に対しても、「レバノン選手は何もしていない。最後に私たちは審判に負けた。彼は韓国の12番目の選手だった」と話し、判定に不快感を示した。
 韓国メディアはテオ・ベッカー監督の主張に反発。「長いロスタイムのせいで失点したと見ているようだが、ロスタイムが長くなったのは先制点を入れたレバノンが中東特有の“ベットサッカー”(自分のチームがリードしている状況で、痛がる振りをしてフィールドに倒れ込み試合を遅延させる行為)を繰り広げて時間をとったからだ」と反論した。
2013年6月6日(木)11時8分配信 サーチナ  (編集担当:新川悠)

【関連記事】
IOC理事に「親韓派」ゾロリ、五輪除外の裏に「韓国マネー」か
キムヨナが優遇され、浅田真央が不当に扱われてきた事実の数々
韓国プロ野球界でも八百長で続々逮捕者!現役31人が起訴!
米タイム誌、史上最悪の開幕式に「ソウルオリンピック」を選定
韓国プロスポーツ!審判も八百長・金品授受が当たり前!
韓国プロサッカー、八百長に関与したのは63人

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-06-09 09:21 | 政治・経済(1341)