韓国で唯一好調なサムスン!株大暴落で危うさ露呈

サムスン電子株暴落、スマホ偏重の危うさ露呈


 海外の投資銀行がサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS4」の今後の販売見通しを悲観するリポートを発表したことを受け、サムスン電子の株価は7日、前日比6.2%暴落し、142万7000ウォン(約12万3900円)で引けた。サムスン電子の時価総額は同日だけで15兆2000億ウォン(約1兆3200億円)減少した。他の電子・IT銘柄も連れ安し、スマートフォンに過度に依存するサムスン電子、サムスン電子への依存度が高い韓国経済の問題点が浮き彫りとなった。

■昨年8月以来の下げ幅
 サムスン電子の株価の下げ幅は、昨年8月にアップルとの特許訴訟で敗訴した直後の7.5%安以来で最大だった。外国人がサムスン電子株に対する売り注文が6600億ウォン(約573億円)に膨らみ、株価急落を主導した。また、スマートフォンの部品を生産するパトロン(10.9%安)、インタープレックス(10.6%安)などIT部品銘柄も一斉に急落した。




 サムスン電子の株価急落は、前日に投資銀行のJPモルガンがギャラクシーS4の販売量が急速に減少しており、第3四半期(7-9月)以降の営業利益率が低下する予想するリポートを発表したことがきっかけだった。JPモルガンはサムスン電子の部品調達先を調べた結果に基づき、今年のギャラクシーS4の予想販売台数を8000万台から6000万台へと引き下げた。目標株価も210万ウォンから190万ウォンに下方修正した。

 マレーシア証券大手のCIMBも7日、ギャラクシーS4の今年の予想出荷台数を8000万台以上から6500万台へと下方修正したほか、サムスン電子の第2四半期(4-6月)のスマートフォン全体の販売台数が当初予想の8000万台を下回る7500万台にとどまると指摘した。
 サムスン電子は第1四半期に8兆7800億ウォン(約7620億円)の営業利益を上げた。これは韓国の上場企業全体の営業利益の約30%に相当する。うち74%(6兆5100億ウォン)がスマートフォンを生産する無線事業部が稼ぎ出したものだった。ギャラクシーS4をはじめとするスマートフォンへの依存度があまりに高く、スマートフォンの先行きに悲観的な見方が示されたことに市場が大きく反応した格好だ。

■「市場の反応は過剰」
 外資系証券会社の指摘が妥当なものかどうかは、今後検証が必要だとの指摘もある。サムスン電子は「スマートフォンの販売量が減少した」との分析について、「理解困難だ」との反応を見せている。サムスン電子は「社内の供給ネットワーク管理システムによれば、販売台数と今後の販売台数予想値をリアルタイムで知ることができるが、最近は大きな変化がない。株式市場の反応はあまりに誇張されたものだ」と反論した。また、無線事業部幹部は最近、「ギャラクシーS4はサムスン電子の携帯電話端末としては初めて、1億台以上を売り上げることになる見通しだ」と述べている。

 証券業界は、投資銀行のリポートだけでは今回の暴落を説明できないと指摘する。キウム証券のキム・ソンイン研究員は「高価格のスマートフォン販売は減少するだろうが、第2四半期のスマートフォン販売台数が7500万台まで減少することはあり得ない」と指摘した。
 しかし、国内外の大手スマートフォンメーカーが根本的な問題に直面していることは確かだ。消費者はアップルの「iPhone5」が「iPhone4」より良くなったと感じていない。ギャラクシーS4とギャラクシーS3を比較しても同様だ。西江大のチョン・オクヒョン教授(電子工学)は「スマートフォン市場が成熟段階に入り、低価格機種と高価格機種の性能差が縮小している」と指摘する。中国製の低価格スマートフォンの性能がさらに向上すれば、サムスン電子は現在のように高価格機種を販売するのが難しくなる可能性がある。
2013年6月8日(土)8時50分配信 朝鮮日報日本語版

【関連記事】
韓国!大企業貸出の22%が潜在的不良債権
8四半期連続で成長率0%台の韓国!1ドル110円なら2.4兆円減益
韓国経済“赤信号”…500大企業の実績が急速悪化
韓国中産層の半数以上が赤字 ローン返済や教育費が負担
【社説】上場企業の3割が銀行金利も支払えない韓国
韓国の成長性、リーマンショックの1/4。収益も大幅下落

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-06-09 23:55 | 政治・経済(1341)