どうなる?日韓通貨スワップ協定の延長!7月3日に期限切れ

日韓通貨交換協定 韓国の延長要請なし 関係悪化、出方見守る政府


 通貨危機などの緊急時に外貨を融通し合う「日韓通貨交換(スワップ)協定」の総枠130億ドル相当のうち30億ドル分について、協定延長交渉が行われずに失効する可能性があることが8日、分かった。日本政府は韓国側からの要請がない場合は延長しない方針。同協定をめぐっては昨年8月に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸した後、欧州通貨危機などに伴い700億ドルまで引き上げていた拡充策を10月に取りやめた経緯がある。朴槿恵(パク・クネ)新政権が国内の政府批判を警戒して要請をためらっているとの見方もあり、日本政府は韓国側の出方を注意深く見守っている。
 同協定の30億ドル分については融通期限が今年7月3日に迫っているが、現時点で韓国側から延長協議の打診はない。韓国にとって協定は、国際金融市場で交換性に乏しいウォンによって国際通貨であるドルや円を調達できるため、韓国経済の安定化につながりこそすれ、デメリットはない



 このため、朴政権は「重要な政治決定を行う体制ができていない」(政府筋)との見方のほか、急速に悪化した日韓関係の中で「日本への支援要請で“弱腰”との政府批判が高まることを懸念し、要請に二の足を踏んでいるのではないか」(外交筋)とみられている。
 ただ、今回30億ドル分が失効しても、1997年のアジア通貨危機を受けた東南アジア諸国と日中韓3国による通貨スワップの取り決め(チェンマイ・イニシアチブ)により、100億ドル分の融通枠は継続される。
 韓国側にとって死活的ではないだけに、延長要請に踏み切る可能性は高いとはいえないが、日本政府には協定延長交渉を両国関係の改善に向けた糸口にしたいとの期待もあり、朴政権の動きに注目している。
2013年6月9日(日)7時55分配信 産経新聞


日韓スワップ協定「延長要請あれば大局的観点で検討」菅長官

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、7月に期限を迎える「日韓通貨交換(スワップ)協定」に関し韓国政府から延長要請があった場合の対応について「隣国であり、大局的観点に立って検討していきたい」と述べ、応じる意向を示唆した。
 菅氏は期限延長について「今後、韓国との間で検討していく」と指摘。韓国側からの延長打診には「現時点においてあったとは聞いていない」と述べた。
 日韓通貨スワップ協定は総枠130億ドル相当のうち30億ドル分が7月3日に期限を迎える。
2013年6月10日(月)13時42分配信 産経新聞

馬鹿な考えはやめて、要請があろうとも断固「延長なし」でお願いしたいですね!
できればチェンマイ・イニシアチブの100億ドル分も破棄してもらいたーい!!

ちなみに、チェンマイ・イニシアチブの100億ドルは20億ドル以外はIMF融資とリンクして発動される。
IMF嫌いの韓国には、少し使いづらいものになっているようですね。


【関連記事】
日韓通貨スワップ協定、本当に破棄したらどうなる?
通貨スワップ約5.4兆円支援も韓国からは感謝されず!韓国寄り!なぜ?
韓国のウォン安を支えてるだけ?5.4兆円のスワップやめろの声
韓国大企業の潜在不良債権、4兆円超か
8四半期連続で成長率0%台の韓国!1ドル110円なら2.4兆円減益
韓国「日本外し」外交会議、米中にのみ出席打診

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-06-11 00:43 | 政治・経済(1341)