日韓スワップ、30億ドル分延長なしで合意 残りは2015年2月まで

日韓通貨スワップ、30億ドル分延長せず 残りは2015年2月まで継続


 財務省は24日、通貨危機など緊急時に韓国と外貨を融通し合う「日韓通貨交換(スワップ)協定」について、総枠130億ドルの融通枠のうち7月3日に期限切れを迎える30億ドル分は延長しないことで合意したと発表した。
 残る100億ドル分は2015年2月まで継続される。
 打ち切る理由について、財務省は「日韓両国の経済情勢を踏まえて、それぞれ延長は必要ないと結論づけた」と説明している。
2013年6月25日(火)8時15分配信 SankeiBiz

【関連記事】
どうなる?日韓通貨スワップ協定の延長!7月3日に期限切れ
通貨スワップ約5.4兆円支援も韓国からは感謝されず!韓国寄り!なぜ?
米財務省が韓国に為替介入!自粛要求へ
「アベノミクス」が中韓ばかり、嫌悪される理由
円安で打撃 韓国製造業の対日貿易赤字額増
輸出依存の韓国経済 世界経済減速で成長モデル崩壊し苦境に

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-06-25 00:44 | 政治・経済(1341)