韓国経済、自滅へ!中国依存が裏目、金融情勢悪化で共倒れ寸前

韓国経済、自滅へ 中国依存が裏目 金融情勢悪化で共倒れ寸前


 中国の「影の銀行(シャドー・バンキング)」問題を発端にした経済危機を世界が警戒するなか、中国へのすり寄り姿勢を鮮明にしているのが韓国だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日に財界人を大勢引き連れて中国を訪問、習近平国家主席との首脳会談で蜜月関係をアピールする。ただ、輸出に頼る韓国経済はアベノミクスの影響もあって足元がぐらついており、対中依存を高める戦略が裏目に出る恐れもある。





 韓国が「親中反日」路線を強めている。朴大統領は27日夕に習主席、28日には李克強首相ら中国側要人と相次いで会談する。
 経済面での力の入れ方も尋常ではない。朴大統領に同行する財界人は現代自動車やLG電子の会長ら総勢70人超と過去最大の規模。大統領自身も北京での日程を終えた後、韓国企業が相次いで進出している西安を訪れる。

 中国側も「史上最高級のもてなしで朴大統領を受け入れる」(韓国外交筋)見通しで、中韓の親密ぶりを日本や米国に見せつけ、牽制(けんせい)するという思惑で一致している。
 韓国政府は14日には、中国とのFTA(自由貿易協定)を積極的に推進すると表明、日本が交渉参加するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とは距離を置く方向だ。日中韓3国によるFTAも交渉中だが、中国との2国間交渉が先行しているのが実情だ。

韓国と外貨を融通し合う「日韓通貨交換(スワップ)協定」についても130億ドル(約1兆2600億円)の融通枠のうち30億ドル分(約2900億円)は延長しないことが決まった。一方で中国との通貨スワップは11年に規模を拡大、昨年には貿易決済にも利用することで合意した。

 「韓国は円高ウォン安を前提とした経済構造であるにもかかわらず、アベノミクスで前提が崩れ、輸出品で電機や自動車など競合分野が多い日本に対する競争力が失われている。中国との関係強化で日本包囲網を敷こうとするのがクネノミクス」(銀行系証券アナリスト)というわけだ。

 とはいえ、韓国経済はすでに重度の中国依存症に陥っている。2012年の韓国の輸出総額は約5480億ドル(約53兆円)だが、そのうち中国への輸出額が1343億ドル(約13兆円)と24・5%を占める。輸入総額5195億ドル(約50兆円)のうち、中国からの輸入額は807億ドル(約7兆9000億円)。輸出、輸入ともに中国が最大の相手国だ。

 内需が低迷していることもあって、国民総所得に占める輸出入の比率(貿易依存度)は112%に達している。貿易頼みで中国頼み。つまり中国がコケたら共倒れしかねない状況にあるといえる。

 その中国は、「理財商品」と呼ばれる高利回りの金融商品が暴発寸前だ。10%を超える高利回りで集めた資金は、主に不動産投資につぎ込まれているが、巨額の焦げ付きが懸念されている

 経済評論家の上念司氏はこう語る。
 「いわば安愚楽牧場事件の中国不動産版のようなもので、高利回りの配当が払えなくなれば、大損する人が続出する。貯金代わりに理財商品を持っている人もいるので、破綻すると暴動に発展する恐れもある」

 理財商品を中心とした「影の銀行」は中国の国内総生産(GDP)に匹敵する約460兆円規模にまで拡大しており、中国当局は、金融引き締めで潰そうとした。これが短期金利の異常な上昇や株価の暴落、銀行の債務不履行(デフォルト)懸念などのきっかけとなった。

 東洋経済新報社元編集局長で企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は、「李克強首相は、農地を開発する『都市化政策』を掲げたことで、地方政府がこれ幸いと一斉に不動産への投機を加速させ、開発業者もアングラマネーを取り込んで土地を買っている」と指摘する。みずから膨らませたバブルを金融引き締めでつぶそうとして、世界経済を混乱に巻き込もうとしているのが「リコクノミクス」の正体だ。

 そして、実は韓国も理財商品と同様の問題を抱えているという。日本の信用組合に近い貯蓄銀行が、高金利で集めた預金を不動産融資に回したが、焦げ付きを起こして破綻するケースが相次いだ。「もともと個人など民間の債務が大きい韓国だが、金融機関を公的資金で救済することになると、政府の債務も大きくなり、1997年に国際通貨基金(IMF)の管理下に置かれたときのような経済危機の再来になりかねない」(上念氏)
 日本がアベノミクスの金融緩和でデフレ不況から脱却しようとしているのと対照的に、危機に突入しようとしている中国と、それに追随しようとする韓国。
 前出の上念氏は「韓国は強い者の後をついてゆく事大主義の傾向がある。中国に接近することで火中のクリを拾うことになるのではないか」と語る。中国依存で大きなツケを払うことになりそうだ。
2013/06/28 22:27 zakzak


【社説】チャイナリスク…長い目で見て備えなければ=韓国

チャイナリスクは足下の火だ。中国の経済指標が悪化するたびにソウル証券市場とウォン相場はハラハラするジェットコースターに乗っている。ひとつ明らかな事実は、中国の高度成長が終わったという点だ。ここに中国がリーマン・ショックに驚いて過度な景気浮揚策を出したのも問題だった。共産党独裁体制が揺らがないか、生まれて初めて迎える不況を過度に恐れたためだ。その後遺症がシャドウバンキング」「地方負債」「過剰設備」として現れている。これ以上中国を世界の成長エンジンで救援投手として期待するのは難しい。衝撃の程度が問題であるだけで、チャイナリスクは避けて通ることはできなくなった。

中国はこれまで韓国の経済に大きな資産だった。そんな中国が徐々に負担として作用する変曲点を迎えている。中国は成長停滞を押し切って経済構造の大手術に突入している。不動産バブルと過剰設備の解消、産業構造調整のため緊縮の手綱をつかんでいる。資金逼迫はその過程のひとつであるだけだ。もう少し広く見れば中国はこれまで石油化学・鉄鋼・造船・電子分野に途方もない設備投資をしてきた。韓国の主力産業と重なる。状況が好転しても中国は韓国の輸出市場ではなく強力な競争者に浮上することが明らかだ。韓国が緊張すべきチャイナリスクの本来の姿だ。

韓国経済はアベノミクス、米国の出口戦略、中国ショックで四面楚歌の境遇だ。ややもすれば完全に育つ前に成長板が閉じられるかもしれない状況だ。非常な覚悟が必要だ。短期的には米国・日本・中国から押し寄せる津波に備え防波堤を積むことが緊急な課題だ。中長期的には完全に変わったグローバル経済環境に合わせ韓国型経済モデルをどのように構築するのか考えなければならない。当面は新成長動力確保とサービス産業規制緩和のほかには他の道が見えない。いまは「他の国々と経済ファンダメンタルズが差別化されただけに韓国経済は安定した姿を見せるだろう」として安住する時ではない。高度成長中断にともなう禁断現象と過剰設備・金融不良の後遺症でチャイナリスクは予想より長い放物線を描いて韓国経済をしつこく困らせかねない。
2013年6月27日(木)11時30分配信 中央日報日本語版


【社説】尋常でない中国経済、徹底的に備えるべき=韓国

悪材料が続いている。米国の出口戦略で韓国を含む世界の金融市場が大きく揺れている中、中国経済までが尋常でない。米国の出口戦略より中国がさらに大きな問題だという分析まで出ている。そうでなくとも今年の中国経済は例年とは違った。1-3月期の経済成長率が期待の数値を大きく下回ったうえ、今年の経済予想値がずっと下方修正されている。中国の国内総生産(GDP)とほぼ同じ規模の地方政府の負債、シャドーバンキング(影金融)の問題が火薬庫として浮上したうえ、数カ月前には中国1、2位の太陽光企業が破産するなど企業の経営不振も表面化した

こうした中、クレジットクランチ(信用収縮)に対する懸念が強まっている。その代表的な例が最近の短期資金の金利急騰だ。2日前、7日物レポ金利(銀行間金利)が10.8%で終わったが、取引中は一時28%まで上がった。10.8%でも06年以降の平均値(2.7%)の5倍近い高金利だ。中央銀行の緊急資金支援説、中国発金融危機の切迫説まで出ている。

もちろん中国政府の対処によってクレジットクランチ懸念は早期に鎮火できる。しかし成長鈍化は避けられないため、韓国経済は相当な衝撃を受けることになるだろう。中国は韓国の輸出の25%を占める最大貿易国だからだ。今年に入って輸出が振るわない中、中国の成長鈍化で輸出が減少すれば、韓国は今年2%台の低成長も達成できないだろう。政府の非常な対処を強調する理由だ。中国経済の行方に注視し、各シナリオ別の対応策を用意するなど徹底的に備える必要がある。
2013年6月22日(土)9時50分配信 中央日報日本語版

【関連記事】
韓国、政府の負債に対する公企業の負債が日本の3倍に
輸出依存の韓国経済 世界経済減速で成長モデル崩壊し苦境に
中国、水増し統計相次ぐ 貿易統計は7兆円も過大!工業生産も
韓国の上場企業の64%、Q1決算で減益か赤字
韓国!大停電再来か 原発停止で過去最悪水準の電力供給
韓国企業の約8割「金融危機の時と同じ、あるいは悪化」

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-07-02 00:36 | 政治・経済(1341)