韓国大統領府、ハッキング攻撃で10万人分の個人情報流出

韓国大統領府、ハッキング攻撃で10万人分の個人情報流出


 6月25日に韓国大統領府のホームページ(HP)が何者かにハッキング攻撃を受けた際、ホームページに会員登録した人の個人情報が流出していたことが30日、明らかになった。複数の韓国メディアが報じた。
 大統領府関係者は、HPに登録した会員20万人のうち、約10万人の情報が流出したと話した。流出した情報は氏名、生年月日、ID、IPアドレス、住所の5項目。パスワードと住民登録番号は暗号化されており流出しなかった。同HPは、2009年7月にも分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を受けたが、個人情報が大量流出したのは今回は初めてという。

 ハッキング攻撃を受けた当時、大統領府HPには「偉大な金正恩首領」、「統一大統領、金正恩将軍万歳!」などの文字が現れた。また、国務調整室、与党セヌリ党、朝鮮日報なども被害を受け、同日、海外サイトにセヌリ党の党員名簿や、大統領府の会員情報などが公開された。
 大統領府は28日に謝罪文を掲載し、念のためにパスワードを変更する予定としている。
2013年7月1日(月)11時56分配信 サーチナ (編集担当:新川悠)

【関連記事】
韓国旅行の際は注意!韓国の公衆浴場の約30%に、監視カメラ!脱衣所にも!=韓国
韓国!国民の7割の個人情報漏れる!?
メイプルストーリーで1320万人分の個人情報が流出=韓国
韓国、クレジットカード個人情報80万枚分流出か
韓国通信大手KTから877万人の個人情報流出!5ヶ月間も
韓国の大規模ハッカー攻撃 中国を経由した北朝鮮の犯行か

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-07-03 00:32 | 政治・経済(1341)