米国!本気の中国潰し「日米尖閣防衛極秘演習」凄まじい中身

アメリカの本気中国潰し「日米尖閣防衛極秘演習」凄まじい中身


自衛隊と米軍はこうやって人民解放軍を蹴散らす!
6月10~26日の半月以上にわたり、米本土において、日米共同統合演習「ドーン・ブリッツ(夜明けの電撃戦)」が実施されている。

演習の舞台は、カリフォルニア州にある米西海岸有数の巨大都市サンディエゴからほど近いキャンプ・ペンドルトン。米海兵第1遠征軍が駐留する。演習は、日米約5000名もの人員が参加する大規模なものだ。本演習はもともと、米海兵隊独自の演習として01年から始まり、ほぼ隔年ペースで実施されている。今回は日本のほか、カナダやニュージーランドも参加している。

日米共同の各種訓練が連日繰り広げられるなか、6月17日、カリフォルニアの海岸線から沖合い120キロに浮かぶサンクレメンテ島において、有事を想定したミッションが行なわれた。島が"某国"に奪われたと想定した日米による"奪還作戦"である。





敵の拠点は、島の中央部に位置する空港に設定された。4機のオスプレイが、空港から2キロ離れた地点に着陸すると、次々と屈強な米海兵隊員が地上に降り立つ。海兵隊の兵士は射撃をしながら展開していき、満を持して空港を襲撃。敵役の兵士たちとの激しい戦闘の末、空港を無事奪還した。それを合図に、上空に"日の丸"をつけた陸上自衛隊の攻撃ヘリAH-64Dアパッチ2機が飛来。周囲を低空で飛行し、空港に残る敵兵士を警戒。アパッチの援護を受けながら、2機の輸送ヘリCH‐47チヌークが、激しい砂煙を巻き上げながら空港に着陸した。

チヌークの後部ハッチが開かれると、砂煙を突き破るように、西部方面普通科連隊の隊員たちが、次々と空港内に展開。すぐさま米海兵隊員と合流して、島内各地へと"進撃"していく――。
こうした実戦を想定した演習が連日、続くわけだ。

日米の精鋭が集う「夜明けの電撃戦」の実施計画が公表されると、真っ先に反応して見せたのは中国だった。演習を自国に対する挑発行為と認識をしたからだ。日米両政府はともに、「(演習は)特定の国や地域を想定したものではない」とコメントしているが、前述した"某国"が中国を指し、サンクレメンテ島のモデルが、尖閣諸島をはじめとした南西方面の離島であることは明白である。

本演習は、日米両政府が一歩踏み出し、中国に対し"本気度"を見せつけるに十分な内容である。実際、怒りを抑えられない中国は、「演習中止」をアメリカに執拗に求めた。
ご存じのように、演習直前の6月7、8日の両日、習近平国家主席が渡米し、オバマ米大統領と初の首脳会談を行なっている

米中首脳会談は、カリフォルニア州のパーム・スプリングス近郊の保養施設で行なわれた。日を空けずして、その目と鼻の先に日米の精鋭が集い、"某国"を仮想敵とした大規模な軍事演習を行なう。習国家主席のハラワタは、煮えくり返っていたに違いない

中国は何よりも"面子重んじる国。トップ訪米の体面を保つためにも、なんとしても、演習を阻止しなければならなかったのだろう。会談で、「太平洋は中米両国を受け入れる十分な空間がある」と吠えた習国家主席。他にも、「尖閣への測量目的の上陸を許可しろ」「米国は尖閣に首を突っ込むな」などと、無理筋を主張したと報じられている。

しかしながら、米国の回答は「NO!」。オバマ大統領は「尖閣は日米安保の適用内」と明言し、中止を懇願した演習も、なんら変更なく実施された。
自衛隊はオスプレイ配備を…
冒頭の上陸訓練のみならず、今回の演習では日米が本気で中国潰しに舵を切ったことが、随所に確認できる。それは、日本側の参加部隊の陣容からも明らか。
派遣艦隊が、ヘリ搭載型護衛艦「ひゅうが」、イージス艦「あたご」、揚陸艦「しもきた」の主要3隻で構成されているからだ。

「ひゅうが」は"ヘリ空母"の異名を持つ海自の最新鋭の護衛艦だ。従来のヘリ搭載型護衛艦の搭載量は3機が限界であったが、「ひゅうが」には、なんと倍以上の11機のヘリが搭載できる。
近年、中国海軍の潜水艦が、尖閣諸島周辺海域に頻繁に姿を見せるようになった。これに対処するべく、海自の持つ哨戒ヘリSH-60を一度に大量投入することができれば、中国潜水艦の領海侵入を阻止することが可能だ。

さらに、SH- 60は魚雷攻撃も行なうことができる。逆に、潜水艦から航空機を攻撃することは不可能。仮に中国潜水艦が領海侵入を画策したとしても、複数のSH- 60を搭載した「ひゅうが」を現場海域に張りつけておけば、中国潜水艦は身動きできなくなる。
さらに今回、「ひゅうが」には哨戒ヘリだけでなく、"世界最強"ともいわれる攻撃ヘリAH-64Dアパッチ・ロングボウ2機も、搭載されていた。上陸部隊支援、敵の陸上兵力攻撃には、アパッチの戦闘能力は必要不可欠だ。

これまで陸自が配備してきた対戦車ヘリコプターAH-1コブラだけでは、敵を発見することはできないため、偵察ヘリを伴って行動していた。
だが、アパッチには超高性能のロングボウ・レーダーが装備されているため、1機だけで敵戦車や敵航空機を発見し、かつ攻撃まで行なうことができる。
しかも、発見した敵は、一度狙ったら命中するまで追いかけていくヘルファイア対戦車ミサイルで、一網打尽。このミサイルは、前述のSH-60にも搭載できるため、戦車のみならず敵の水上艦艇も攻撃できる。したがって、尖閣に近づく中国海軍の艦艇にとって、大きな脅威となるだろう。

護衛艦「あたご」は、ステルス性も高い最新型のイージス艦である。中国が「ひゅうが」を攻撃しようと空母を展開させ、艦載機である戦闘攻撃機部隊を差し向けたとしても、「あたご」のイージスレーダーが素早く探知。次々と対空ミサイルを発射して、中国軍機を迎撃していく。

それだけではない。「あたご」の主砲である62口径5インチ砲は、地上目標を攻撃することもできる。今回はサンクレメンテ島に潜伏する敵を掃討するという内容で、艦砲射撃訓練も行なっている。
とどめは輸送艦「しもきた」だ。この艦には陸自隊員約330名、車両約60両が搭載可能。今回、「しもきた」に乗り込んだのは、島嶼防衛の要である陸自の西部方面普通科連隊である。彼らは"日本版海兵隊"として知られる。わが国の島嶼部の防衛のため、南西地域の防衛警備を担当する西部方面隊(熊本県)の直轄普通科部隊として、02年に創設された。

拠点としているのは相浦駐屯地(長崎県)で、海自の佐世保基地にも近く、いざとなれば、すぐさま海自の輸送艦に乗り、進出することができる。即応性機動性の高さがウリで、島嶼部への進出をスムーズかつ効果的に行なうため、早ければ来年度から、購入が決定している米海兵隊御用達の水陸両用装甲車AAVの配備も開始される。

「ひゅうが」に「あたご」に「しもきた」。自衛隊の本気ぶりがよくわかるが、驚くのはまだ早い。
6月14日には、MV-22オスプレイが、「ひゅうが」艦上を使って発着艦訓練を実施したのだ。
この試みは、歴史的なことだ。オスプレイは自衛隊の保有機ではないため、運用実績がない。そこで、すでにオスプレイを戦力としている米強襲揚陸艦「ボクサー」から、デッキクルー(甲板作業員)が乗り込み、「ひゅうが」のデッキクルーに、丁寧に作業方法をレクチャーしていった。
それは、着艦誘導方法のみに留まらない。オスプレイを「ひゅうが」の格納庫に収容する訓練も、同時に行なわれたのだ。

オスプレイのような大型の航空機を格納庫に収納し、オペレーションできるのか、百聞は一見にしかずとばかりに"試してみた"わけだ。さらには燃料の給油方法、整備方法など、実際の運用を見越した細かなノウハウまで、自衛官に伝授されていく。「ひゅうが」デッキクルーたちは、その教えをメモし、写真を取り、しっかりと身につけようとしていた。

オスプレイの航続距離は固定翼機並みに長い。それでいて、ヘリのように滑走路のない狭い場所にも着陸できる利点を持つ。すなわち、島嶼防衛には最適な航空機といえるだろう。
「もし、自衛隊がオスプレイを導入したら、『ひゅうが』で運用できるのか?」
どうやら日米両国は、この疑問を検証していたようだ。近い将来、"日の丸オスプレイ"が導入されることは間違いないだろう。

中国の圧力に屈した野田政権
日米両国にとって大きな実りがあった本演習だが、防衛省は突然、演習の参加を決定したわけではない。その布石となった訓練は、これまでにもあった。
西部方面普通科連隊と米海兵隊は、05年より同じキャンプ・ペンドルトンで「アイアンフィスト(鉄拳)」という演習を行なってきた実績がある。上陸作戦に欠かせないボートを使った水路潜入の方法や、ヘリによる機動展開訓練、実戦的な射撃訓練などを、経験豊富な米海兵隊からみっちりと伝授されている。
しかしながら、本格的な上陸演習はアメリカで行なわなければならない。日本国内では、満足に訓練できる場所がないからである。

そこで自衛隊は、訓練場所を求めて試行錯誤する。昨年は米本土より近いグアム・テニアン島で、上陸演習を行なった。そして、国内での訓練用地を精査した結果、沖縄本島にほど近い入砂島を見つけ出した。
昨年11月5~16日の日程で、日本国内で行なわれた日米共同統合演習「キーン・スウォード(鋭利な刃)」では、入砂島を舞台とした奪還訓練を盛り込む予定だった。ただ、訓練が始まり、いよいよ上陸演習開始というタイミングで、野田佳彦首相(当時)から"待った"がかかったのだ。

入砂島での離島奪還訓練が中止になったのは、いわずもがな、"中国への配慮"からだろう。実際、中国側は訓練に対し、事前に懸念を表明していた。それに加え、地元・渡名喜村の反対もあったといわれる。
訓練中止を野田政権が決断して以降、中国の脅威は減じるどころか、日に日に高まっていった。だが、本格的な奪還訓練をする場所が、日本国内には見当たらない……。それが今回、「夜明けの電撃戦」への初参加を決めた背景である。

演習のクライマックスは6月24日の日米共同での上陸演習だ。続々と洋上の「しもきた」から発進し、車両を陸揚げするLCACエアクッション揚陸艇。強襲揚陸艦「ボクサー」からは、米海兵隊のAAVが次々と上陸していく。日米隊員がともに手を取り銃を取り、浜辺を駆け抜ける――。
自国の領土を死守しなければならない日本と、近い将来、太平洋の平和を乱す元凶となるであろう中国を抑えたいアメリカ。

日本を遠く離れたアメリカの地で、自衛隊は、鬼気迫る中国潰しの訓練を繰り広げた。本演習を通じて、「わが国には威嚇も恫喝も通用しない」ことを、中国政府に知らしめることができたはずである。
2013-07-01 [週刊大衆7月8日号] http://taishu.jp/politics_detail573.php ←他にも面白いニュースがいろいろ。

【関連記事】
「戦わずにして中国に勝てる6つの方法」がネットで話題
「戦争の準備をせよ」対日想定…中国軍指導部が全軍に指示
官邸に「左翼80人」入り込んでいた 飯島参与が明かした「惨状」
中国、殺人大気汚染と共に水もダメ…蛇口から茶色の水
ゴーマン国家もう許さん!安倍とオバマの中国ブッ潰し計画
中国!大気汚染での死亡、年123万人!中国全体の死者の15%

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-07-06 00:01 | ちょこっと中国(32)