在韓日本大使館が韓国で異例の食中毒警報!冷麺などで大腸菌

食中毒にご注意ください。 2013年7月24日 在韓日本大使館


食品医薬品安全処は、6月17日から7月3日にかけて、夏に多く消費される食品を料理・販売する飲食店や大型マートなど、全国1,599か所で冷麺など2,038件を検査した結果、59件で大腸菌などが検出され(詳細こちら)、管轄地方自治体に営業停止など行政処分を依頼したことを明らかにしました。

今回の検査対象は、①冷麺・コングクス775件、②のりまき・すし822件、③弁当85件、④かき氷・サラダ295件、⑤食用氷61件など、計2,038件であり、大腸菌と食中毒菌に対する検査が実施されたものです。
検査の結果、冷麺・コングクスの47件で大腸菌が、のりまきの場合8件の大腸菌と4件の食中毒菌(セレウス菌)がそれぞれ検出された由です。(それら以外の弁当、かき氷・サラダ及び食用氷は全て適正だった由)。

※大腸菌は人と動物の糞便に存在するため糞便汚染の指標菌。
セレウス菌は土など自然界で広く分布し、高温にも耐える耐熱性菌として代表的な食中毒菌。

食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます。ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります。厚生労働省では「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」を同省ホームページに掲載しておりますので、参考にしてください。
2013年7月24日 在大韓民国日本国大使館 公報文化院

ちなみに、普通に製造・調理していればなかなか大腸菌など入らないものですが、サンプル調査で幅広い食品にこれだけ見つかるというのは、日本ではありえない異常事態。かなり、糞便で水や食品が汚染されていると考えられます。しかも今回の食中毒では、大型のスーパーや有名冷麵チェーン店のものが含まれ、幅広く流通している可能性が高いとのことです。
大腸菌の種類は明示されていませんが、下痢、腹痛、発熱、嘔吐などだけでなく、重症化や合併症などで死ぬ場合もありますので十分お気をつけください。


【関連記事】
韓国!残飯の使い回し合法化!
月刊WiLL 韓国の脱糞まみれの魚介類、米は禁止なのに日本は
ノロウイルス キムチ流通!キムチなど700トン回収へ=韓国
今年から生ゴミの海洋投棄終了で、生ゴミの行き場失う=韓国
韓国のカルビ!ほとんど接着剤で肉と骨をつけた「偽カルビ」
食品に異物混入4733件「最多は虫、キムチからカエルも」=韓国
また韓国産キムチからノロウィルス!今度は製造で使う地下水から
韓国海苔!食べると危険!?猛毒の硫酸入り栄養剤の使用発覚

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-07-28 10:27 | 食品・食べ物(145)