本名強要は人格権侵害=在日男性が勤務先社長を訴え

本名強要は人格権侵害=在日男性が勤務先社長を訴え―静岡地裁


 勤務先の社長が本名の韓国名を名乗るよう強要したのは人格権の侵害などとして、静岡県内に住む40代の在日韓国人男性が29日までに、社長を相手取り、慰謝料300万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こした。社長側は同地裁に請求棄却を求める答弁書を提出しており、争う姿勢とみられる。
 訴状によると、男性は韓国籍ではあるが、日本で生まれ育ち、日本名の通称を名乗っていた。ところが、昨年11月~今年1月、社長が第三者の前で男性に対し、「朝鮮名で名乗ったらどうだ」などと発言。男性がこの際、「このままで結構です。本名を名乗るつもりはありません」と返答したにもかかわらず、社長は4月には全社員に男性の国籍を明かすなどした。

 男性側は「在日韓国人らは過去の歴史において、さまざまな事情で日本に居住せざるを得なくなった人も多く、差別を受けてきた。本名を名乗るかどうかはその人間が判断すべきだ」と指摘。社長側に対し、「通称を明言しているにもかかわらず、本名を強要し、人格権と尊厳を傷つけた。耐え難い屈辱と精神的苦痛を味わった」として慰謝料を求めている。  社長側は取材に応じていない。 
2013年7月29日(月)11時3分配信 時事通信

「本名」は人格権と尊厳を傷つけるのでしょうか?耐え難い屈辱と精神的苦痛なのでしょうか?
「外国人が日本国民より優遇されている!」この状況も意味がわかりません。
国も司法も「差別」と言われれば、なんでも与える!この姿勢を改めていただきたいものです。


・参考:「通称(通名)」(Wikipedia「通名」などより)
居住する区や市町村に登録することで、住民票に記載され、法的効力を持つ。登記などの公的手続に使用することが認められ、 契約書など民間の法的文書にも使用できる。そのため、犯罪の温床となっている。
また犯罪を犯した場合、この通名のみで報道されることも多く、社会的制裁を受けにくい。しかも、例え本名(民族名)で報道されても、家族以外本名や国籍を知らない例も増えているため、やはり社会的制裁を受けにくい。なお、この通名のみの報道に関してはルーシー・ブラックマンさん事件の織原城二(本名:金聖鐘、韓国系)のように、多くの残虐な犯人が日本人として世界に報道されるなどの問題もある。
一方、この通名は簡単に変更することができ、1人が最高で32回の通名変更を行った事例もあるという。もちろん日本人はこの「通名」を使用できないため、日本人が名前を変更する場合、家庭裁判所に申請を出し、正当な理由があると認められる場合のみでなければ変更できない。


【関連記事】
韓国人と結婚すると子供も反日?韓国の洗脳じみた反日教育!
外国人生活保護世帯、過去最多!在日韓国・朝鮮人が2/3
「在日外国人の生活保護受給はおかしい」フィフィ発言で白熱
大阪・生野で韓国人通り魔「日本人なら何人も殺そうと思った」
メモ:パチンコ、焼肉屋、消費者金融、在日韓国人が金持ちな理由
パチンコ業界の9割が在日韓国・朝鮮人が経営!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-08-01 01:04 | 政治・経済(1341)