韓国市場の魅力が減退、外資系金融機関の撤退相次ぐ

韓国市場の魅力が減退、外資系金融機関の撤退相次ぐ ―中国メディア


韓国紙・亜洲経済は9日、近年、外資系金融機関が続々と韓国市場を撤退していると報じた。環球網が伝えた。
記事によると、ニューヨークライフ生命保険が撤退を計画し、アイエヌジー生命保険はすでに撤退したほか、香港上海銀行(HSBC)が個人金融業務から撤退、スタンダード・チャータード銀行も7日、18億ドル計上していたのれんを10億ドル償却、韓国金融市場に魅力がなくなったと公言した。

韓国金融監督院によると、韓国に1999年には46行あった外資系銀行が、2012年には39行に減少した。2001年以降、旧あさひ銀行、米ハワイ銀行など計7行が韓国市場から撤退している。
その原因について、韓国金融市場の収益性が急速に悪化していることが挙げられる。HSBC韓国法人の純利益は2009年の3261億ウォン(約282億円)から昨年は1874億ウォン(約162億円)、スタンダード・チャータード銀行も同4326億ウォン(約374億円)から2041億ウォン(約176億円)へと一気に減少している。
韓国の2011年、2012年の経済成長率はそれぞれ2.3%と2.0%。今年も2.5%程度にとどまると予想されている。金融研究院のイ・ユンソク研究委員は「韓国の今の経済成長率では外資系銀行に高い収益をもたらすことは不可能。彼らにとって韓国市場の魅力が大きく低下するのも無理はない」と話している。
2013年8月10日(土)0時39分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 小豆沢紀子)

【関連記事】
“沈没船”韓国から英米金融が続々脱出!借金漬けで機能不全か
韓国!大企業貸出の22%が潜在的不良債権
韓国企業の業績不振、外国人が資金引き揚げ
韓国の上場企業の64%、Q1決算で減益か赤字
韓国、政府の負債に対する公企業の負債が日本の3倍に
韓国の銀行、深刻な破綻リスク リーマン・ショック以上の危機

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-08-12 00:38 | 政治・経済(1341)