韓国!火力発電の相次ぐ故障と猛暑で大停電危機!冷房禁止

火力発電の相次ぐ故障と全国的な猛暑でブラックアウトの危機=韓国


 韓国・忠清南道にある唐津火力発電所3号機が11日夜に停止したのに続き、緒川火力発電所2号機も12日、故障で稼働が中断した。火力発電の相次ぐ停止と全国的な猛暑などで、夏の電力不足への懸念が韓国内で大きくなり、「ブラックアウト(大規模停電)」に対する危機感も高まっている。複数の韓国メディアが12日、相次いで報じた。

 唐津火力発電所を運営する東西発電によると、発電容量50万キロワット級の唐津火力3号機が11日午後10時34分頃、故障のため停止し、現在回復中だという。東西発電関係者は「発電機のタービンが故障したと推定される。現在は復旧中だが、今週は再稼働が難しいようだ」と話した。
 この故障に続いて、発電容量20万キロワット級の緒川火力発電所2号機も故障で一時停止。2基の発電所の故障で60万キロワットの電力供給量が減少した状態にあり、これらの不測の事態により、電力供給に支障が生じることが避けられないとの見通しを示した。
 一方、韓国政府は12日、予備電力が120万キロワットまで下がり、5段階の電力需給警報で4段階目にあたる「警戒」が発令される可能性があると予告した。
2013年8月12日(月)11時48分配信 サーチナ (編集担当:李信恵・山口幸治)




電力不足の中…発電所故障事故が続出=韓国


12日から過去最悪の電力難が予報されている中、全国的に発電所の故障事故が相次いでいる。特に火力、複合火力、熱併給発電所などが100%出力状態で運転を強行しているため、無理な出力運転が故障の原因と指摘されている。
10日夜、一山熱併給発電所の稼働が中断した後、再稼働した。発電容量50万キロワット級の唐津火力3号機は11日夜のタービンの故障で停止した。設備容量20万キロワット級の舒川火力2号機も一時停止して回復したが、出力が10万キロワット減少した状態だ。唐津火力3号機は故障が深刻で、関係者は「今週中の再稼働が難しそうだ」と述べた。
一方、韓国政府は12日から14日までの3日間、公共機関の冷房機と空調機の稼働を全面禁止した。
2013年8月12日(月)17時23分配信 中央日報日本語版

ちなみに、韓国も猛暑はひどく、先日、蔚山広域市南区古沙洞(ナムグ・コサドン)では40.0度を記録したと中央日報が報道している。そんな中、公共機関の冷房機と空調機の稼働を全面禁止、死にますね><

【関連記事】
韓国!大停電再来か 原発停止で過去最悪水準の電力供給
韓国!原発に続き、高速鉄道でも不良部品使用!?
韓国経済“赤信号”…500大企業の実績が急速悪化
韓国の原発「稼働率世界最高で安全」は嘘っぱちと三橋貴明氏
韓国旅行危険!?韓国で「日本人狩り」!経済悪化で治安崩壊!
韓国旅行危険!?ソウル警察がレイプ注意報を発令!!

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-08-13 00:01 | 政治・経済(1341)