75歳の韓国人宣教師、インドで13歳少女を常習的にレイプ=韓国

70代の韓国人宣教師、インドで少女を常習的に暴行=韓国


 インドで孤児院を運営する韓国人宣教師(75)が、孤児院で暮らしていた10代少女を常習的に暴行していたことが分かった。韓国の詩人リュ・シファ氏がフェイスブックに書き込んだことで明らかになった。現在、宣教師は逃走中という。複数の韓国メディアが21日、報じた。

 報道によると、インディア・タイムズは7月25日、「インド南部のバンガロールで孤児院を運営する韓国人宣教師が、少女を強姦した容疑で起訴された」と報じた。リュ氏は、フェイスブックで事件の詳細を説明した。
 事件があった孤児院は、7-15歳の少女だけを受け入れていたという。被害に遭った少女は8歳で孤児院に預けられた後、13歳から5年間に渡り暴行されていた。少女が13歳だった時、宣教師の自室で暴行されたのが始まりだった。抵抗すると孤児院から追い出すと脅迫され、為す術もないまま数年が過ぎたが、結婚したことで孤児院から抜け出すことができた

 しかし、地元メディアが孤児院で起きていた暴行事件を報じたことで、少女は夫から家を追い出された。少女はその後、孤児院の前で記者会見を開いて真実を述べると、宣教師を警察に告発した。事件はインド人の激しい怒りを買い、地元警察署の前では連日抗議が行われた。宣教師は当初、暴行を否定していたものの、その後、姿を消した。
 現地警察は、少女が暴行されている場面を記録した動画を入手しているほか、少女のほかにも被害者がいるとみて捜査を拡大しているという
 リュ氏は、事件へ怒りを示すと、韓国のキリスト教関係者にも非難の矛先を向けた。「インド人の怒りを買い、バンガロールに反韓感情まで起こした恥ずかしい事件について、韓国のキリスト教関係者はなんの反応もしない。無関心、無責任だ」と非難した。
2013年8月21日(水)18時0分配信 サーチナ (編集担当:新川悠)

【関連記事】
知的障害の十代姉妹を数年間常習レイプ、施設運営の兄弟逮捕
韓国人牧師、10代女性2人を洗脳しレイプ!一人は2年間81回も
韓国で19歳少年が17歳少女をレイプ、殺害して遺体をバラバラに
韓国旅行危険!?ソウル警察がレイプ注意報を発令!!
72歳小学校警備員、女子中学生を10ヶ月間常習レイプ=韓国
集団レイプされた女子中学生、入院先でもレイプされ妊娠(韓国)

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-08-23 00:33 | えっちな♪(400)