韓国大企業、続々破綻?サムソン電子を除けば事実上の経済危機

サムスン電子で隠された経済恐慌・・・「錯覚効果」を憂慮(機械翻訳)


サムスン電子の実績好調がうれしいことは事実だが憂慮されるのは経済に対する錯覚効果です。 上場企業500社の今年上半期営業利益は55兆ウォン規模、1年前より9.5%増えたがサムスン電子を除けばむしろ3.5%減少したことが明らかになります。 サムスン電子による錯覚効果が危機対応を遮るのにならないかとの心配になる理由です。

今年上半期サムスングループ全体では20兆2千億ウォンの営業利益を記録しました。
国内10大グループの中で残りの9つのグループの営業利益とほぼ同じ金額です。

サムスングループ内でも赤字会社が少なくありません財界2位である現代自動車は輸入車攻勢とストライキにともなう生産量支障で上半期営業利益が18%減、SKとポスコなど主なグループも内需と輸出の不振でマイナス成長です。
今年に入って熊津(ウンジン)とSTX、東洋グループがぞろぞろと破綻しました。
結局サムスン電子を除けば、韓国経済は事実上危機的状況です





[ハン・サンニン/漢陽大経営学科教授:サムスン電子が全体実績を導いていると外形的な数字に惑わされてはいけません。 一部門だけ成長をリードさせているといつかは問題が発生する可能性があるということでしょう。]

実際に市場占有率で絶対優位を見せた製品の中で過去2年間で50品目が中国に追い越されました
鉄鋼と金属、電子、機械分野で中国が恐ろしい速度で追撃しているのです。

[ソ・ドンヒョク/産業研究院上席研究員:製造業の競争力を支援しながらもサービス産業が自主的にも市場を育てることができるそのような分野に対して投資をするならば内需と輸出両側で非常に改善的な方向に進むのではないだろうか。]
サムスン電子で隠された危機の実情を冷静に見て、未来食を先行獲得できる新事業発掘が切実な時です。
2013年10月4日韓国SBSニュース(韓国語、機械翻訳)
http://media.daum.net/economic/others/newsview?newsid=20131004202404399

ちなみに、今年5月に破綻した「STXグループ」は造船大手で財界13位の大企業、建設大手「熊津(ウンジン)」は財界32位、そして、先日破綻した「東洋グループ」は財界38位。特に東洋グループは、破綻が確実になのに、大量の社債やCP(短期無担保の約束手形)を韓国の4万人以上の個人投資家に売りつけていたとのことで今、大問題に!
なお、まだまだ大型破綻が危惧されていて、次は東部グループや斗山グループ、韓進グループなどの名前が上がっており、唯一気を吐いているサムスン電子も売上の7割弱を占めるスマートフォンの見通しが悪く、厳しい状況に置かれている。


【関連記事】
サムスン株価急落 スマホで一世風靡も栄華は久しからず (株価あり)
さらに2行増え、韓国!破綻処理の貯蓄銀行だけで26カ所に!
建設会社抱える企業グループ、連鎖破綻がさらに深まる=韓国
上場企業約25%が破綻懸念!?利益で利払いすら賄えず=韓国
韓国の設備投資、13カ月連続でマイナス
韓国企業の約8割「金融危機の時と同じ、あるいは悪化」

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-10-06 23:48 | 政治・経済(1341)