20億ドル以上の大幅ウォン安介入!年初来高値から介入で反落

ウォンが年初来高値、当局介入で反落


a0232045_22195790.png 24日のソウル外国為替市場では、輸出企業によるウォン買いドル売りが先行する展開となり、ウォン相場が午後2時17分に1ドル=1054.30ウォンまで上昇し、今年1月15日のウォン高水準(1054.50ウォン)を超え、年初来高値を付けた。その後は2008年の金融危機以来初めて政府と韓国銀行(中央銀行)が同時に行った口先介入とそれに続く市場介入により、1060ウォン台まで反落し、前日比5.2ウォンのウォン安ドル高となる1061ウォンちょうどで取引を終えた。

 ウォン高傾向を反転させたのは、企画財政部(省に相当)のチェ・ヒナム国際金融制作局長と韓銀のユ・サンデ国際局長が共同で口先介入を行ったことだった。両局長は「政府と韓銀は最近の一方的なウォン高はやや行き過ぎていると考えており、市場で(ウォン買いの)集中現象が進むことを懸念している」と表明した。
 口先介入直後には、当局による市場介入とみられるドル買い注文が入り、ウォン相場はわずか数分で8ウォン反落。売り買いが交錯する中で取引を終えた。市場関係者は、為替当局が市場介入に20億ドル以上を投じたとみている





 ヒョン・オソク副首相(経済担当)も同日、ソウル市内で記者団に対し、「最近為替相場が急激に動いていることを鋭意注視している」と異例の発言を行った。
 企画財政部関係者は「まだ追加的な為替取引規制の強化までは考えていない」としながらも、「当面は政府系企業に外貨建て債券の発行や為替ヘッジを自粛するよう求めていく」と説明した。
 今回の市場介入は、外国人の投資資金が為替市場に流入を続けていることに加え、米国の量的緩和縮小の先送りで、世界的にドル安傾向が強まったため、ウォン高傾向が目立つようになり、速度調節を図る必要が生じたためとみられる。
2013年10月25日(金)8時43分配信 朝鮮日報日本語版

韓国は景気が悪くなったリーマンショック前くらいから為替操作を行い、ウォンを約4割安くしました。それによって、韓国製品は世界に4割安く販売され、日本の家電業界は大きなダメージを!リーマンショック前の800ウォン前後に比べるとまだまだウォン安ですが、また為替操作でも始めるのでしょうか。なお、以下はリーマンショック辺りから現在までの円ウォン月足チャートです。

a0232045_23313553.jpg


【関連記事】
韓国の為替操作に怒り?米財務省が韓国に為替介入!自粛要求へ
韓国大企業、続々破綻?サムソン電子を除けば事実上の経済危機
韓国の経済的の実情!李明博の暴挙は韓国経済の自殺を招く
「ウォン高円安」におびえる韓国企業(チャートあり)
韓国政府のウォン安政策は限界に達している?
【断末魔の韓国経済】デフレ、不動産バブル崩壊が家計を直撃
韓国経済、自滅へ!中国依存が裏目、金融情勢悪化で共倒れ寸前

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-10-27 23:46 | 政治・経済(1341)