韓国の飲料、カフェイン大幅含有で危険!精神疾患や心疾患も

カフェイン多すぎ危険、韓国で販売の機能性飲料の一部―中国メディア


韓国消費者院は14日、同国で流通している機能性飲料35種を調べた結果、一部製品でカフェインの含有量が基準値を大幅に上回っていることが分かったと発表した。人民網が伝えた。
35種はカフェインの含有量が1本当たり平均で67.9ミリグラムで、青少年の1日当たりの摂取基準量の上限値である125ミリグラムの半分を超える。「Ya」や「モンスター・エナジー」といった商品では1本で1日当たりの上限値を超えるが、カフェイン含有量が多いとの表示はない

消費者院は、カフェイン含有量が多い製品には表示をするか、または未成年者に販売しない対策をとる必要があると警告。子どもや妊娠した女性、心血管に病気を持つ人などが知らずに大量のカフェインを摂取すると、健康に害を与える恐れがあるという




また、35種のうち34種のパッケージに「エネルギー」「パワー」といった言葉が使われており、急速に体力を回復させ、疲労を回復させるようなイメージを与えているが、誤解を与える場合もあるとの指摘もあった。一部の専門家は、こうしたドリンクとアルコールを混ぜて飲むと心臓病を誘発する確率がアルコールだけの場合の6倍以上になると指摘。また、眠れなくなることもあるとして、注意を促している。
2013年11月17日(日)20時20分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 恩田有紀)

ちなみに、カフェインの半数致死量は 約200mg/kg。成人で1時間以内に 6.5 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は約半数が、3時間以内に 17 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合は 100 % の確率で急性中毒症状を発症する。後者の場合、重症になる確率が高い。症状としては精神錯乱・妄想・幻覚・幻聴・パニック発作、胃痛・胸痛・吐気・嘔吐、不整脈や心筋収縮、視覚異常や聴覚異常など軽くない症状も多いので要注意。特に、未成年や妊婦の危険度は高い。(Wikipedia カフェイン中毒より)
韓国では、例え(今後)発売中止になっても、売られ続けるのが常です。韓国産の飲料は飲まないようにするのがベターかも!


【関連記事】
日本のキムチも危険?韓国産唐辛子から基準値20倍の残留農薬
韓国の禁止抗菌剤含有ヒラメを3千トン輸入、業者に回収命令
韓国産キムチ衛生検査が3年間免除に!日本向け輸出で
韓国海苔!食べると危険!?猛毒の硫酸入り栄養剤の使用発覚
在韓日本大使館が韓国で異例の食中毒警報!冷麺などで大腸菌
韓国ロッテホテルの弁当食べ、20人が食中毒!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-11-19 23:42 | 食品・食べ物(145)