韓国の辛ラーメンから基準値を超えるヒ素!鉛などの有害金属も

即席ラーメンの調味料の袋から重金属を検出


a0232045_0582234.jpg 台湾紙「今週刊」は13日、10月と11月に複数メーカーの即席ラーメンの調味料の袋から銅、鉛、ヒ素、水銀などの重金属が検出されたと報じた。統一企業は11月14日、「重金属の含有量は国家基準の範囲内である」とコメントした。
 サンプル商品は「維力炸醤麺醤料袋」やカルフールで購入した「康師傅香辣牛肉麺」、統一肉燥および韓国の辛ラーメン含まれる。

 2回に分けて検査を受けた7つのサンプルのうち、味王原汁牛肉湯麺の調味油から微量の銅、五木香葱拌面からヒ素と銅が検出されたほか、康師傅香辣牛肉麺、韓国の辛ラーメン、統一老壇酸菜牛肉麺、味丹味味A排骨鶏湯からいずれもヒ素、鉛、銅が検出された。ネットで購入した美食阿舎排骨鶏湯麺から上記3種類の重金属のほか、水銀まで検出された。
 そのうち、統一老壇酸菜牛肉麺は銅と鉛の含有量がそれぞれ1.73ppm(mg/kg)と0.222ppmと最も高い。ヒ素の含有量が最も高かったのは韓国の辛ラーメンで0.532ppmだった。
2013年11月15日 新華通信社 (翻訳 王秋)

【関連記事】
発ガン性や細菌混入でも公表しない食品医薬品安全庁=韓国
韓国のラーメンにウジ虫が混入!? しかも生きたまま
韓国!飲食店の80%「残飯使い回し」
日本のキムチも危険?韓国産唐辛子から基準値20倍の残留農薬
韓国食品メーカー「農心」、英国に続きドイツでも製品回収

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-11-20 00:36 | 食品・食べ物(145)