特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年

特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧


 機密情報を漏えいした者への罰則を強化する特定秘密保護法が6日夜に再開された参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。野党側がさらなる審議を求める中、与党は採決に踏み切った。これにより、防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止の4分野で、閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、漏えいした公務員、民間人は最高10年の懲役を科される。恣意(しい)的に秘密指定されかねず、チェック機能も不十分など「知る権利」侵害への危惧は残ったまま、公布から1年以内に施行される。




 採決では、賛成が130票、反対が82票。民主、共産、社民、生活の各党が反対した。衆院で修正合意したみんなの党と日本維新の会は、「拙速は認められない」として退席したが、みんなの一部議員は党の方針に反して本会議に出席し、反対した。

 菅義偉官房長官は6日深夜、東京都内で記者団に、「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中、国の安全、国民の安全・安心を確保できる大切な法律が成立した」と述べ、意義を強調した。
 秘密保護の体制強化は、4日発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の実効性を高めるため、米国など外国政府との情報共有を進める狙い。政府は、有識者でつくる「情報保全諮問会議」の意見を踏まえ、秘密指定する際の統一基準を策定する。指定の有効期間は5年以内で、更新可能。武器や暗号など7項目を除き最長60年。「知る権利」に関しては、報道・取材の自由に十分配慮することを明記した。 
2013年12月6日(金)23時23分配信 時事通信

なお、適正評価には国籍および過去に有していた国籍も考慮される。

ところで、男子フィギュアの流れでテレビ朝日の「ニュースステーション」を久しぶりに拝見いたしました。TOPニュースは、この特定秘密保護法案!デモの様子を映し、デモ参加者の意見を流し、野党の主張を流し、この法案の問題点だけをあげつらえ、解説者もMCも皆、反対一色でした。これが、公共電波で流す放送なのでしょうか。他の局でも一方的な放送があったと聞きますし、民放連も反対しているといいます。また、この法案も問題が多い 「諸刃(もろは)の剣」 的な法案であることもわかります。しかし、賛否両論わかれる法案なのですから、メリットとデメリット公平に放送するのが公共電波を格安で使っているテレビ局の義務ではないでしょうか。最近、こういった恣意的な放送が増えているように思います。一方で外国人がテレビ局の株を大量に買っており、外国人株主保有比率が放送免許取り消し基準を超えているテレビ局もあります。電波の利用および放送免許を含め、もっと厳しくすべきではないでしょうか。


【関連記事】
秘密保護法案委員会で強行採決!今日未明に本会議で成立予定
安倍首相を狙う「永田町中国スパイ軍団のドス黒い罠」
韓国の98%「謝罪は不十分」!そもそも「許す」がない国民?
メモ:パチンコ、焼肉屋、消費者金融、在日韓国人が金持ちな理由
韓国でまた反日法案!旭日旗掲げたら刑罰対象 罰金・懲役も
今の韓国を取り巻く「反日教育」の現実=TBS、Nキャス(文字起こし)

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-12-07 02:02 | 政治・経済(1341)