韓流医師の美容整形トラブルが中国で続出 外交問題に発展も

韓流医師の美容整形トラブルが中国で続出 外交問題に発展も


 外交問題はどこから火の手があがるかわからないものである。中国の情勢に詳しいジャーナリスト・富坂聰氏がレポートする。
 * * *
 中国が設定した防空識別圏をめぐって蜜月時代に終止符を打ったようにも見える中国と韓国だが、その火種は別の問題をめぐって中国国内でも広がっているという。
 北京の夕刊紙記者が語る。

「きっかけは美容整形です。韓国はいま中国の比較的豊かな女性をターゲットにエステや美容整形といった分野で大々的に展開をしているのですが、これかトラブル続きなのに加えて、とうとう違法な手術までしていることが発覚して社会問題化しているからです。

 中国ではなぜか整形手術なら韓国の技術が優れていると信じる女性が多いのです。その美容の?韓流?とでもいうべき効果を狙い、荒っぽい商売をするケースが目立っているようなのです」
 ネット上に見られる広告には、「韓国医師会のブランド」とか「魔術師」といった宣伝文句が躍っているという。そうした言葉に騙される女性は後を絶たず、トラブルに発展するケースも少なくないのだ






「たいていはホテルや短期間借りているマンションの一室で手術を行うのです。不衛生で危険も高まります。そして実際に問題が起きることも少なくないのですが、クレームを言うために訪れると、すでに引き払って誰もいないということも珍しくないようです」(前出・夕刊紙記者)

 こんな危険な手術でありながら、施術の値段は中国国内の公立病院の十倍にもなるというから驚きである
 中国のメディアのなかには、〈韓国三流医師が中国で荒稼ぎ 医師免許のない者も〉という見出しをつけて問題を追及している所もある。韓国の医師たちは中国で練習しているのではないかとの疑惑も生まれ、今後大きな外交問題にもなりそうな気配なのだ。
2013年12月8日(日)16時5分配信 NEWS ポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20131208_230553.html


練習目的で増える不法韓国整形医、飛びついて被害にあう中国人

 中国メディア・人民網は3日、「整形大国」として有名な韓国の二流、三流整形医が「練習」のために中国で無許可営業を行っているとする記事を掲載した。
 記事は、今年6月ネット上で「韓国式二重まぶた」の広告を見て、約50万円を支払って韓国人整形医の手術を受けたところ二重にならないどころかまぶたを傷つけられたという遼寧省瀋陽市に住む女性の「被害状況」を紹介した。

 そのうえで、同省美容美髪協会の程利国会長が、中国で「名医」として広告を出す韓国人整形医は二流や三流であり、「本国の整形手術で忙しいのに一流医師がどうやって中国に来るのか」と語ったことを伝えた。
 記事はまた、同市で現在営業資格を持っている韓国人美容整形医はわずか2人しかおらず、残りは全て無許可営業であるとした。また、程会長が「業界に入ったばかりの若者が練習のために中国にやって来るが、人の出入りが激しいために事故が発生しても責任追及はほぼ不可能だ」とコメントしたことを紹介した。

 中国でも現在美容整形ブームが起きている。就職を控えた大学生が手術を受けるケースも増えたという。韓国に行かずとも手軽に整形手術を受けたいという心理を逆手に取った行為は当然許されざるものだが、美辞麗句が並んだ広告に飛びついてしまう中国の消費者も、冷静な判断能力を持つ必要がありそうだ。
2013年12月3日(火)11時48分配信 サーチナ (編集担当:今関忠馬)


韓国人整形医によるトラブル続出、“一流”と触れ込みぼったくり、手術失敗でもぬけの殻―中国

中国内で「韓国の一流美容整形医」などと宣伝して手術を行う韓国人医師が、実際には二流、三流や新米で、中国で経験を積むため、無許可で手術を請け負っているケースがあることが分かった。手術の失敗など、トラブルも続出しているという。中国紙・人民日報が3日伝えた。

報道によれば、一般に中国の公立病院で単純な二重手術の費用が3000~5000元(約5万~8万4000円)程度だが、“一流韓国人医師”では3万~5万元(約50万~84万円)もする。それでも「韓国は美容整形大国」というイメージがあるため、中国の消費者は“一流韓国人医師”を選ぶ傾向がある。
外国人の医師が中国で短期的に医療行為をする際には、当局に登録し、許可証を受け取る必要があるが、“一流韓国人医師”はこの許可証を取得していないケースが多いとみられる。遼寧省瀋陽市では中国の美容整形病院などが無許可の韓国人医師を雇い、ホテルやオフィスビルの一室で手術をさせていることも分かった。

こうした医師の手術を受けたことでトラブルも続出しているという。28歳の女性はインターネット上で「韓国人一流医師による韓国式二重手術」との広告を見て、3万元を払って手術を受けたが、その後、まばたきができなくなってしまった。他の病院で診察を受けると、まぶたの筋肉が切れていることが判明。手術を受けた場所を訪れて抗議しようとしたが、すでにもぬけの殻だったという。
2013年12月3日(火)23時23分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 恩田有紀)

【関連記事】
韓国で整形すると、みんな同じ顔になるのは技術がないから!?
韓国で美容整形に失敗、帰国後に“修正”の中国人が多発
欧米とは違う?韓国整形の危険!顎削り副作用続出の原因とは
知らないとヤバイ!?「整形」のリスク
韓国整形外科の1/3が免許なく粗悪な上、3倍以上請求も!
韓国の美容整形外科で患者が相次ぎ死亡、その原因は
韓国整形ツアー、術後にトラブル多発!大使館が注意喚起ー中国

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-12-10 23:18 | 政治・経済(1341)