大気汚染拡大!中国で8億人が「呼吸困難に」

中国で8億人が「呼吸困難に」 大気汚染拡大、新華社が論評

 (北京共同)中国国営通信新華社のウェブサイト「新華網」は11日、今年深刻さが際立つ大気汚染を総括する異例の論評を掲載、有害物質を含んだ濃霧は全国104都市に拡大し「8億人余りが呼吸すら困難となった」と振り返った
 論評は「応急措置は役に立たず、濃霧発生は常態化した」とし、政府がここ1年、有効な解決策を打ち出せなかったことを示唆している。
 汚染悪化に歯止めがかからない中、対応の遅れに対する国民の不満は高まっており、中国指導部は対応に苦慮している。
2013/12/11 18:29 共同通信





香港で「汚染霧」発生も、北京人観光客「空気おいしい」=中国

 香港では10日、大気汚染物質を多く含んだ霧やもやが発生し、市民が不快感を訴えた。しかし、北京からやってきた観光客にとっては「おいしい空気」と感じたようだ。中国メディア・中国新聞社が報じた。
 記事は、ビクトリア・ハーバーにある特区政府庁舎前広場の現地時間10日午後4時ごろの状況を紹介。深い霧が立ち込めて視界が低下し、対岸の建物はおろか、付近の国際金融センターなども霧に閉ざされて見えにくい状況だったと伝えた。そのうえで「こんな状況は年に1度あるかどうか」、「気分が悪い。呼吸器系に影響があるのではないか」と現地市民が語ったことを紹介した。
 その一方で、北京からやってきたという女性観光客が「みんな空気がきれいで気持ちいいと話している」、「重度汚染だという話だが、わたしたちの感覚では良好だ」など、現地人とは正反対の感想を口にした
ことを伝えた。
 記事によると、香港は狭い土地に高層建築が密集し、車の通行量が多いことから大気汚染が長年の課題となってきた。特区政府は12月30日に新たな大気汚染にかんする指数を出し、市民に対してより分かりやすい健康リスク情報などを提供する予定だ。
 そんな香港の、しかも年1度レベルの悪いコンディションで聞かれた女性観光客のコメントに、北京の大気汚染状況がいかに深刻であるかを想起せざるを得ない。
2013年12月11日(水)12時4分配信 サーチナ (編集担当:今関忠馬)


中国の深刻な大気汚染、中東テレビ局も報道 「空気が嫌な匂いがする」「もう限界」―中国メディア

中国で連日報じられ、市民を困らせている深刻な大気汚染。中東カタールの衛星テレビ局アルジャジーラも8日、中国の報道を交えてその状況を紹介した。中国網が10日伝えた。
アルジャジーラは「中国中東部は7日、息もできないほどの有害濃霧が続き、呼吸器系の疾患で病院に駆け込む人が急増している。空気清浄器とマスクは飛ぶように売れている状況だ」と報道。
上海在住の女性は「空気は嫌なにおいがして気持ちが悪くなる。のどがいがいがする」と話し、「これほどひどい有害濃霧は初めてだ」と強調したという。
アルジャジーラによれば、同じく上海に住むドイツ人の男性は、「状況は次第に悪くなっている。ここに住んで4年になるが、もう限界だ」と訴えた。
2013年12月11日(水)4時34分配信 XINHUA.JP

【関連記事】
ソウルでPM2.5警報。基準値の5.6倍!?最悪レベルが今後も!
中国!大気汚染での死亡、年123万人!中国全体の死者の15%
韓国の大気汚染、日本よりはるかに深刻=病気多い原因の一つ?
中国、殺人大気汚染と共に水もダメ…蛇口から茶色の水
中国北部で黄砂が発生、殺人大気とともに韓国西海岸などに飛来
韓国!73%の企業が発ガン・毒性物質垂れ流し?大企業も30年以上

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-12-12 22:57 | 政治・経済(1341)