朝鮮半島で軍事衝突の恐れ=中国系香港メディアが異例の警告

朝鮮半島で軍事衝突の恐れ=中国系香港メディアが警告


 【香港時事】香港の中国評論通信社は14日の社説で、張成沢氏を処刑した北朝鮮の金正恩労働党第1書記について「手法が強硬で、非常に不安定なところがある」と批判するとともに、朝鮮半島で軍事衝突発生の恐れがあると警告した。中国当局系の香港メディアが北朝鮮の危険性を指摘するのは極めて異例。北朝鮮の韓国に対する武力行使を警戒しているとみられる

 社説は、北朝鮮が国民の国内情勢への注意をそらすため朝鮮半島の緊張を高める行動に出るのではないかという韓国の懸念は「恐らくすぐに現実のことになるだろう」と予測。軍事衝突が起きた場合、「中国はこの地域の大国として、関与せざるを得なくなる」と主張した。 
2013年12月14日18時16分 時事通信






韓国にも衝撃… 張成沢氏処刑で北の暴発を警戒  

張成沢氏の死刑執行に隣国の韓国も衝撃を受けている。韓国政府は13日、大統領府で安保政策調整会議を緊急開催し、対応を協議した。北朝鮮が対外的に強硬な姿勢に出る可能性を警戒し、軍の勤務態勢を強化した。

 統一省報道官は「北朝鮮で起きている一連の事態について深い憂慮を持って注視しており、あらゆる可能性に冷静に備え万全を期していく」との声明を発表した。
 韓国の情報機関、国家情報院の報告を受けた与党セヌリ党の徐相箕国会情報委員長は、解任から4日後の死刑執行の背景について「金第1書記の権力基盤が相対的に脆弱なことを示す。さらに内部の混乱拡散を早期に遮断する意図がある」と指摘。「北朝鮮が内部の不安を外部に向けるため、韓国に対する挑発を行う可能性がある」として、国家を挙げた対策が必要だと強調した。
 また、北朝鮮が今後、ミサイル発射や核実験などを実施する可能性について、国防省副報道官は「十分に可能性がある」と述べた。
◇北朝鮮と張成沢氏しをめぐる動き
11月下旬 張成沢氏の側近2人が公開処刑される
12月3日 張氏失脚の情報が流れる
12月7日 朝鮮中央テレビ製作の記録映画から張氏の姿が削除される
12月8日 朝鮮労働党の政治局拡大会議で、張氏の全役職の解任と党からの除名が決定
12月9日 張氏が連行される写真が北のメディアで報道される
12月13日 張氏に死刑判決が下され、即日執行されたと朝鮮中央通信が報道
2013.12.13 夕刊フジ

【関連記事】
朝鮮戦争前夜?北朝鮮は経済制裁!韓国は24時間厳戒態勢!
第2次朝鮮戦争は高確率で勃発?起きたらどうなる!
韓国の反日教育が実る!?朝鮮戦争=日本が侵略した戦争
朝鮮戦争再び?北朝鮮停戦協定破棄を宣言!韓国も警戒引上げ
北朝鮮「全面戦争の準備を完了」宣言!南北不可侵合意も無効化
地政学リスク!?5割超が北朝鮮と戦争になる可能性は高い

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-12-15 11:45 | 政治・経済(1341)