千年以上支配してきた中国に対し韓国が謝罪を求めない理由?

韓国が中国に対し「侵略の罪を反省しろ」と迫らない理由とは

 20年以上前に遡る1991年、韓国と日本が歴史認識をめぐって法廷で争うという、現在を予見するような異色長篇小説が刊行された。本誌で「逆説の日本史」を連載中の作家・井沢元彦氏が書いた『恨の法廷』である。井沢氏はこの作品で、韓国の反日の根底には、「恨」の感情があると喝破したが、なぜ中国には「恨」を持つことはないのだろうか? 井沢氏が解説する。
 * * *
 歴史的に見て、朝鮮民族に対してもっとも屈辱を与えてきたのが中国であることは言うまでもない。辛うじて国家と民族の存在は許されても、臣下扱いされてきた時代が長いからだ。だが、韓国が中国に対して「侵略の罪を反省しろ」と強硬に求めることはほとんどない。事あるごとに、日本を批判するのとは対照的だ。その差はいったいどこからくるのか──それも『恨の法廷』の論点のひとつだ。

〈それは、客観的に見るならば、事大主義による差別意識でしょうな〉
 台湾人学者が説明を始める。
〈(事大主義とは)朝鮮の伝統的外交政策です。大に事えるから事大。この大というのはむろん中国のことなのだが〉
〈つまり中国は韓国の上位にある国だったから、そこから侵略されても、ある程度仕方がないとあきらめる。しかし、日本は韓国より下位の国だ、だから侵略されると腹が立つ。上司になぐられても我慢できるが、家来になぐられると腹が立つ、とまあ、こういう心理でしょうな






そういう心理の証拠がありますな。壬辰倭乱(文禄、慶長の役。1592~98年)ですよ。確か、韓国では、豊臣秀吉の侵略をこう呼んでおりますな
 そこにはどういう意味があるのだろうか。台湾人学者が解説を続ける。
乱とは『反乱』の意味で、ここには『本来家来であるべきものが』という意識が込められている〉
〈しかし、当時の日本は中国に朝貢もしていないし、まして韓国との関係は純然たる独立国の関係だ。だからいくら腹が立ったとはいえ、『乱』という言葉で呼ぶのはおかしいですな


 それに対し、韓国側が〈我国はあの侵略で重大な被害をこうむった〉と被害者意識を剥き出しにすると、今度は日本に在住する韓国人女性が反論する。
それを言うなら十三世紀に元が高麗に侵略してきた時も、相当な被害が出ているわ。三百年前のことを問題にするなら、七百年前のことも問題にしなくちゃ不公平というものよ。それにこの時は韓国で船を造り日本へ攻めて行っているのよ、こちらの方が加害者だわ

 その批判に対する韓国側の言い訳は、もはや屁理屈だ。
〈それはやむを得ん、強大な元に降伏しなければ、われわれは皆殺しにされていたかもしれん。しかも、われわれが必死に抵抗したからこそ、元が日本に行くのが遅れ、日本は態勢を整えることができた。われわれは日本に恩恵を与えこそすれ、害は及ぼしていない〉
 韓国人女性が呆れる。
〈やれやれ、またそれなの、いい加減にしたら。何かというと『我国』は日本に恩恵を与えたと言い出すんだから〉
〈昔のことをやたら持ち出すのは、民族が大人になっていない証拠なのよ〉
 このひと言がすべてを言い表している。
2013年12月16日(月)7時5分配信 NEWS ポストセブン (週刊ポスト2013年12月20・27日号)




「中国は韓国を先に属国化」 作家・河添恵子氏の新刊から

 日本では日中関係を二国間の問題として考えがちだ。しかし、膨張する中国は世界の至るところで摩擦を起こしている。他の国での中国の行動を知るのは日本にとっても参考になる。
 ノンフィクション作家の河添恵子さん(50)は短大卒業後、中国に留学して以来、中国と中国人の本質に目を向けてきた。これまで「中国人の世界乗っ取り計画」「豹変(ひょうへん)した中国人がアメリカをボロボロにした」(いずれも産経新聞出版)などの著作がある。

 5日に千葉市のホテルで開かれた千葉「正論」懇話会の講演会で、河添氏に講師を務めてもらった。河添氏は中国の設定した防空識別圏の狙いから始まって、日中関係の展望を約1時間半、語った。その内容はすでに報じた通りだが、ここでは、河添氏の最新刊「だから中国は日本の農地を買いにやって来る」(同)を紹介する。
 ミクロネシア、パラオなどの太平洋に浮かぶ島嶼(とうしょ)国は本来、親日国が多い。同書はおよそこう指摘する。
 「日本が尖閣諸島や沖縄にばかり目を向けている間に中国は金銭外交を仕掛け、インフラ整備要員やビジネスマンなどの身分で人民を送り込み、反日教育をひそかに進め、軍事交流をし、港湾を拡張し、資源覇権、海洋覇権へ着々と邁進(まいしん)している」


 ミャンマーのパイプラインやギリシャの港湾の実例も興味深いが、やはり朝鮮半島の分析が目を引く。
 中国と韓国の間には近親憎悪が根底に強く存在しているはずだが、「共通の敵が日本」で北朝鮮という「制御不能な不良国家」が間にあるため波風を立てないようにし、中国は経済弱体化の韓国から先に「属国化」する戦略に切り替えた-としている。
 19世紀末の日清戦争で日本が勝って朝鮮はいったん独立した。朝鮮半島はそれ以前、「1000年以上、中華帝国の属国」であり、「これからの5年で『南』から再び屈辱の時代」へ逆戻りすると予測している

2013.12.16 夕刊フジ 【羽成哲郎のぴーなっつ通信】(千葉総局長 羽成哲郎)

【関連記事】
「棚ぼた式独立」の傷うずく韓国 反日にいそしむ根源
韓国滅亡論―再び中国の属国へ!サムスンの突然死は近い!
初の対日演説で朴大統領!千年、日本を恨み続ける!?
「謝絶中韓」のすすめ 領土、歴史…厄介者以外の何者でもない
【断末魔の韓国経済】アベノミクスと中国の失速で窮地の韓国
自滅する韓国 朴大統領の異常な要請と韓国の屈辱の歴史

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-12-17 01:55 | 政治・経済(1341)