韓国製造業に逆風…ウォン高、中国勢と競争激化

韓国製造業に逆風…ウォン高、中国勢と競争激化


 安い製品を武器に「勝ち組」とされてきた韓国の製造業に、逆風が吹き始めた。
 通貨ウォン高による輸出の減少に加え、国内外での競争が激化しているからだ。

 ◇FTAの影 
 韓国自動車最大手、現代自動車の2013年1~9月期連結決算は、税引き後利益が前年同期比4・2%減の6863億円だった。今年に入ってからウォンの対ドル相場が1000ウォン強で推移し、輸出が落ち込んでいるのに加え、傘下の起亜自動車と合わせて米国で4月に約187万台をリコール(回収・無償修理)するなどして信頼を低下させたことが、顧客離れを招いた。

 さらに、シェア(占有率)7割以上を誇る国内市場も揺らいでいる。今年1~10月の輸入車のシェアは12%強となり、最近5年間で2倍に伸びた。
 背景には、所得水準の向上で欧州車を中心に高級輸入車の人気が高まっていることに加え、韓国政府の積極的な自由貿易協定(FTA)戦略がある。対欧州連合(EU)では11年7月、対米国では12年3月にそれぞれFTAが発効し、8%だった自動車の輸入関税が段階的に下がっている。
 16年7月には、欧米からの輸入車には関税がかからなくなる。そうなれば、現代自動車のシェア低下に拍車がかかる可能性もある


 ◇鉄余り 
 鉄鋼大手ポスコも、13年7~9月期決算の営業利益が、前年同期比37・9%減の633億円と大きく落ち込んだ大口顧客である国内自動車メーカーの需要が低迷している上、ライバルの中国メーカーがリーマン・ショック後に設備投資を大幅に拡大し、「鉄余り」の状況となっているためだ。
 7~9月期の営業利益がこれまでの最高を更新した電機大手サムスン電子にも、死角はある。利益の大半を依存するスマートフォンは、安価な中国製などとの価格競争が激しくなっており、収益力の低下は避けられそうにない。スマートフォンなどの特許侵害を巡って各国で起きている米アップルとの訴訟の費用が、経営の重しとなる恐れもある
2013年12月14日(土)10時59分配信 読売新聞

【関連記事】
ウォンの急上昇!韓国企業に大打撃!一方、中国の倹約令でも
韓国経済危機!投資、観光客、輸出も減り、外銀も規模縮小
韓国経済苦境!サムスン巨額賠償で現代自動車シェア大幅低下
サムスン、ホームでも敗訴…韓国地裁「アップル特許侵害せず」
中国の人民元、20年来高値!韓国経済、元高と円安の挟み撃ち?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2013-12-17 02:01 | 政治・経済(1341)