中国に最も友好的だった国は日本!?その根拠に中国人も納得

中国に最も友好的だった国は日本!?示された9つの根拠にネットユーザーも納得、「たしかに日本はいつもそうだった」―中国

釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)の問題などをめぐって中国と日本の関係は過去数十年で最も冷え込んでいると言われる。しかし中国旅游研究院(観光研究院)がこのほど発表した2013年の中国人観光客満足度調査によれば、日本を訪問した中国人の満足度は依然として高かった。多くの中国人が「観光などの経済と政治は切り離して考えるべきであり、日本の一般市民はとても友好的だ」と指摘している。
こうした中、中国のインターネット掲示板には18日、「実は日本は地球上で最も中国に友好的な国だ」とする書き込みが現れた。その根拠としているのは、以下のような9つの点だ。





(1)日本の指導者はこれまでに中国が会うべきでないとする人物と会っていない
(2)中国の内政について勝手気ままに論じたことがない
(3)人権問題などで中国を攻撃したことがない
(4)長期にわたって世界最大の対中援助国、対中投資国である
(5)台湾問題など敏感な問題で中国を攻めたことがない
(6)何が起こっても、米国に追随して反中的な訴えをしたことがない
(7)世界各国が中国を制裁しても加わらなかった
(8)中国に対して表明したことは実行する
(9)在日中国人に対して差別や制限、攻撃をしたことがない


書き込みの主はさらに、「中国に対してこれほど友好的な国は日本以外にない」とも指摘した。
こうした意見に対して他のユーザーからは共感の声が続々と上がった。
「そういう気がする」
「米国やインドネシアでは中国人排斥の運動があったけど、日本では戦争の時期も通じて、ないな」
「昔あったネギ騒動以外、中国製品への貿易障壁もない」
「世界が中国を制裁した時に日本は参加しないで、高官が中国を訪問したりしたな」
「大昔の元寇の時、日本人はモンゴル人を殺し、漢族は労働させたものの殺さなかった」
2014年1月21日(火)0時43分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 恩田有紀)


と、お気楽な日本と違い、中国は反日色だけでなく、第一列島線、第二列島線を狙う! ↓

挑発繰り返す中国の真意とは?日本列島含む「第一列島線」突破を狙う―米メディア

a0232045_1445744.jpg ←左が第一列島線、右が第二列島線。まずは第一列島線に防衛線を敷き、その内側の南シナ海・東シナ海・日本海へのアメリカ海軍・空軍の侵入を阻止することを目的としている。

16日、米ワシントンのシンクタンク、新アメリカ安全保障センター(CNAS)で米国とアジアの同盟国の安全保障の専門家が集まった研究会が開催された。問題となったのは中国。東シナ海防空識別圏の策定、南シナ海の警察権強化を定めた海南省の条例など中国は挑発を繰り返している。

米国防大学のバーナード・コール教授は種々の兆候からみるに、中国は第一列島線の突破能力保持を今後数年の海洋戦略に定めたと指摘した。第一列島線とは千島列島、日本列島、沖縄、フィリピン、インドネシアを結ぶラインを指す。

日本防衛省海上幕僚監部指揮通信情報部長の大塚海夫海将補は、尖閣問題における挑発的な態度は中国政府が平和的ではない狙いを持っている証拠だと発言した。一方、国立ソウル大学公共政策研究学院の盧慶秀教授は、中国の第一列島線突破能力は誇大評価されていると否定的な見解を示した。
2014年1月20日 02時06分 レコードチャイナ(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
反日教育が生み出した日本人小学生の言葉に中国人家族が絶句!
中国「百度」製ソフト、入力の日本語を無断送信!中国製は他にも
中国の防空識別圏の設定に米国が激怒!米、強硬手段!?
【断末魔の中韓経済】炎の海に飛び込む韓国!「影の銀行」崩壊直前の中国
今の韓国を取り巻く「反日教育」の現実=TBS、Nキャス(文字起こし)
安倍首相を狙う「永田町中国スパイ軍団のドス黒い罠」

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-01-25 01:45 | ちょこっと中国(32)