浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

 自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた
 そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。
 しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった

この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)




 連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。
「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)
 それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。
「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター)
 今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。
「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない
。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」
 五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。
2014年2月26日(水)0時0分配信 女性自身 (週刊『FLASH』3 月11日号)


一方、韓国メディアの悪質ないやがらせも多くありました。例えば ↓

浅田真央の平常心を失わせる 韓国メディアの“取材攻勢”

2014年 団体ショートプログラム(8日)のトリプルアクセルで転倒。今季自己ワースト64.07点に終わった浅田真央は10日、ソチから550キロ離れたアルメニアの首都エレバンに移動し、スケートリンク場を借り切って「午前と午後の2時間ずつ2部練習を続けている」(現地取材記者)という。
 何とか4年前の雪辱を果たしたい浅田だが、どうやら雲行きは怪しい。「韓国サイドの嫌がらせが凄まじく、浅田も平常心を失ってメダル圏外もある」とは某現地記者。

5日深夜にソチ入りした際、空港に集結した100人近い韓国メディアが怒号を飛ばしながら突進。モミクチャ状態の浅田はケガでもしかねない状況だった。アルメニアからソチに戻る時も、韓国メディアは大挙して空港に向かい、浅田にアタックを仕掛けようと手ぐすね引いている。会見では、浅田に<団体ジャンプ失敗のショックは癒えたのか><3回転半はもう跳ばないのか>など、一番気にしている質問をズケズケ聞いてくる。韓国メディアは、基本的に自国選手の熱狂的な応援団。どんなエゲツナイことを仕掛けてくるか、浅田陣営も戦々恐々です
 浅田サイドは予定を2日早めて15日にソチに戻るとアナウンスしているが、一部には「韓国メディアをかく乱するための方便。16日にソチ入りするというウワサも流れている」(前出の記者)。
 大手ブックメーカーの優勝予想オッズでは、浅田人気が急落中である。
 英ウイリアム、オーストリアのビーウィンも<キム・ヨナ金メダル><浅田真央銀メダル>と予想していたが、団体ショートプログラム優勝のロシア・リプニツカヤ人気が急伸。浅田は2人に水をあけられてしまい、3位が定位置となってしまった。
 メダル危うし――。
日刊ゲンダイ(2014年2月16日10時26分)


自国のスター、キムヨナには ↓

キム・ヨナを守れ!韓国メディアが勝手に“防衛ライン”

【ロシア・ソチ発】フィギュアスケート女子の前回バンクーバー五輪金メダリストで浅田真央(23=中京大)のライバル、キム・ヨナ(23、韓国)が12日深夜(日本時間13日早朝)、ソチ入りした。
 真央の到着時にも50人以上が殺到した韓国メディアは、さらに増えて約100人。空港に許可を取るわけでもなく、勝手にテープを張り巡らせて、ヨナのための動線を確保。なんとも強引な韓流の取材スタイルを押し通した。
 黄色いテープに書かれたハングルは「フォトライン」「韓国フォトグラファー協会」を意味するとのこと。その威光がどこまで通じるのかは分からないが、協会公認の動線というわけだ。
 そんななか、代表チームの白いウエア姿で現れたキムは手を振って写真撮影に応じるなど、長旅の疲れを感じさせない、にこやかな表情。約15分の長い囲み取材を受けたが、韓国メディアはヨナに配慮したのか、真央についての質問はなかった。ヨナは「この大会が最後になる。試合に集中してベストを尽くす」と話し、空港を後にした。
2014年2月13日(木)11時8分配信 東スポWeb

【関連記事】
日韓が五輪で「全面協力」の報道に激怒!平昌冬季五輪の裏
韓国人突撃でプーチン大統領FB炎上!殺害予告も
フランスの漫画祭が「反日の場」に!日本を貶める活動続く
ドイツ選手のヌードを晒す?韓国、五輪でもいつもの手口で攻撃
韓国人と結婚すると子供も反日?韓国の洗脳じみた反日教育!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-02-27 02:45 | 社会問題(489)