北朝鮮の砲撃、NLL南側に!白ニョン島住民に待避令=韓国

砲弾がNLL南側に落下 韓国軍は白ニョン島住民に待避令

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は31日、北朝鮮が黄海上の南北軍事境界線と位置付けられる北方限界線(NLL)に向けて発射した砲弾数十発のうち、一部がNLLを越えて韓国側の海上に落下したと発表した。
 韓国軍もNLL付近の北朝鮮側海上に向け、K9自走砲で対応射撃を実施した。韓国軍はNLLの韓国側海域に落下した北朝鮮軍の砲弾の数だけ、北朝鮮側に対応射撃する方針。
 同日正午過ぎ、NLLに近い黄海で始まった北朝鮮軍の海上射撃訓練に備え、韓国軍は陸海空軍の合同支援兵力を待機させている。陸軍と海兵隊が警戒態勢を維持しているほか、空軍の戦闘機と海軍艦艇も哨戒活動を強化している。
 NLLに近い白ニョン島住民には待避令が出された。
 北朝鮮は2010年8月にも黄海上に海岸砲117発を発射し、そのうち10発余りが白ニョン島の北方、NLLの南側1~2キロの海上に落下している。
2014年3月31日(月)14時0分配信 聯合ニュース




韓国側海域に北朝鮮砲弾100発 韓国軍は300発応射

 【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が31日正午過ぎから海上の南北軍事境界線と位置付けられる北方限界線(NLL)付近の黄海で実施した砲撃訓練で、計500発余りの海岸砲とロケット砲が発射され、そのうち約100発が韓国側海域に落下したことが確認された。韓国国防部のキム・ミンソク報道官が北朝鮮の砲撃訓練が終了した直後に緊急記者会見し、明らかにした。
 金報道官によると、北朝鮮軍は同日午後0時15分から同3時半まで、七つの海域で8回にわたり海上砲撃訓練を実施。韓国軍は北朝鮮軍の砲弾がNLLの韓国側海域に落下したため、K9自走砲約300発を対応射撃した。
2014年3月31日(月)17時23分配信 聯合ニュース

【関連記事】
「日本は助けない」発言に韓国高官は絶句、反日外交のツケ回る
朝鮮戦争再び?北朝鮮停戦協定破棄を宣言!韓国も警戒引上げ
北朝鮮「全面戦争の準備を完了」宣言!南北不可侵合意も無効化
北朝鮮“威嚇”軍事挑発になれば報復~韓国
北朝鮮!日本外務省は在韓日本人に「帰国勧告」すべき
もし北朝鮮が崩壊したならば…そのコストとリスクは誰も担えない

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-04-01 00:55 | 政治・経済(1341)