韓国の造船受注量が70%の大幅減、中国が再び世界シェア1位

韓国の造船受注量が70%の大幅減、中国が再び世界シェア1位に―韓国メディア


2014年4月6日、韓国の聯合ニュースによると、造船や海運の動向を分析している英クラークソンが同日発表した統計から、14年3月における韓国造船企業の受注量が43万4774CGTで、前年同期比70.1%も減少したことが明らかになった。中国新聞社が伝えた。
韓国造船業の受注が大幅に減少した一方で、中国造船企業の受注量は104万8306CGTとなり、世界全体の受注量の54.9%を占め、市場で再び首位に返り咲いた。韓国のシェアは22.8%で2位。3位はシェア9.1%の日本。

14年1-2月は韓国造船企業が2カ月連続で受注量が世界最多だったが、3月が大幅減となったことにより、14年第1四半期(1-3月)の受注量は韓国が403万3622CGTで、シェア37.4%。中国は429万5319CGTで、シェア39.8%だった。
しかし、業界関係者によると、中国企業の受注量が増加したとはいえ、第1四半期における韓国企業の船舶受注は2013年と比べて全体的に良好で、海洋プラントの需要も増加していることから、14年の業績見通しは悲観的なものにはならないと予想されている。
2014年4月8日(火)7時50分配信 Record China (翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
韓国海運大手3社がかつてない苦境に、3年連続赤字へ
現代グループ経営悪化!売上7割の海運不振で3兆3千億W調達へ
【経済危機】韓国上場企業の26%が9カ月以内の破綻リスク
韓国国家破産の危機、赤信号再び=中国経済の悪化が影響
国民の大不幸時代?“自転車操業”韓国経済の行く末
韓国団体、外国人観光客に慰安婦など日本を貶める活動展開へ

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-04-09 00:05 | 政治・経済(1341)