サムスン製端末、販売台数を実際の2倍と水増し発表か=内部文書

サムスン製端末、販売台数を実際の2倍と水増し発表か=極秘内部文書で判明―中国メディア


2014年4月14日、中国メディア・網易によると、韓国サムスン製のタブレット端末「Galaxy Tab」の11年の販売台数について、米アップルはこのほど「発表された数字の半分に過ぎなかった」と指摘した。サムスンの極秘内部文書で判明したとしている。

サムスンの幹部は11年、「Galaxy Tab」の販売台数が「200万台を突破した」と投資家らに説明。これを受け、各メディアは一斉に「タブレット端末市場におけるアップルのシェアは1カ月半で95%から75%と急速に縮小した」と報道。「アンドロイド端末がiPadを超えた」とみられていた。
しかし、アップルはこのほど、サムスンが12年2月に作成した極秘内部文書を特許侵害訴訟の過程で確認。「サムスンは投資家をミスリードした」と指摘し、「Galaxy Tab」の販売台数が発表の半分だったことを暴露した

2014年4月14日(月)21時39分配信 Record China (翻訳・編集/AA)

他にもいろいろやってそうですね!

【関連記事】
韓国サムスンの「Galaxy」にハッキングができるバックドア!
韓国サムスン!競合製品を貶める「逆ステマ」発覚などで罰金!
サムスン経営の韓国のテーマパーク“エバーランド”がパクリ過ぎる
韓国サムスン製テレビに不良700万台!?米で集団訴訟も
サムスンとアップル、「第2次特許戦争」へ
サムスン、GALAXY S4の爆発事故頻発を中国に責任転嫁!?

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-04-16 00:43 | 政治・経済(1341)