米首都ワシントンDCにも秘密裏に「慰安婦記念碑」5月にも起工

首都ワシントンDCにも「慰安婦記念碑」 秘密裏に計画進行、5月にも起工式


いわゆる従軍慰安婦をモチーフにした少女の像や記念碑が韓国のみならず米国でも設置されている問題で、首都のワシントンDCでも設置に向けた構想が具体化していることが明らかになった。
米国をはじめとした欧米諸国では、日本側が論点として主張する「政府が直接強制連行を行ったか」にかかわらず、一般的な人権問題だとして日本に批判的な論調が相次いでいる。記念碑がワシントンにも設置されれば象徴としてのインパクトは大きく、韓国側のロビー活動に有利に働くのは確実だ。
「計画が日本にわかれば、またロビー活動を繰り広げるなど妨害工作を展開することは明らか」

慰安婦像はすでにカリフォルニア州のグレンデール市に設置されており、8月にはミシガン州デトロイトでも除幕式が行われる予定。「キリム碑」と呼ばれる慰安婦の記念碑は、さらに多くの都市で設置されている。米国では、10年にニュージャージ州バーゲン郡パリセイズパークの図書館で韓国系団体が初めて設置したのを皮切りに、13年3月にはバーゲン郡当局も記念碑を設置。12年1月には、ニューヨーク州ロングアイランドのナッソー郡にあるアイゼンハワー公園にも建てられている




聯合ニュースが14年4月29日に韓国人団体の話として報じたところによると、ワシントンの韓国人団体では12年から設置に向けた資金調達を進めており、記念碑の製作に使う石材も購入済みで、14年5月にも起工式を行いたい考え。起工式にはワシントン近郊に在住の韓国系住民が多数参加するのは確実で、資金集めをはじめとした具体的な動きが加速することになりそうだ。

ハンギョレ新聞によると、
「計画が日本にわかれば、またロビー活動を繰り広げるなど妨害工作を展開することは明らか。徹底して秘密を守りながら計画を進めてきた」(ワシントンの韓国人団体幹部)
という念の入れようだ。同紙で指摘されているように、日本がどの程度設置阻止に向けて努力の余地があるかは未知数だ。
「大日本帝国軍によって性奴隷状態になることを強いられた(forced into sexual slavery)」
仮に記念碑が設置された場合、韓国系以外の地域住民に対して、慰安婦問題に関する一方的な印象を与える可能性がきわめて高い。例えば13年8月にバーゲン郡が設置した記念碑に刻まれている文章は、以下のようなものだ。
第二次大戦中とそれ以前から、大日本帝国軍によって性奴隷状態になることを強いられた(forced into sexual slavery)韓国、中国、台湾、フィリピン、オランダ、インドネシアの数十万人の婦女子を記念して
各地の記念碑の文章は似たようなものなので、ワシントンDCでも同様の文章が掲げられるとみられる。首都にこのような文言が公然と掲げられるようになれば、米市民の対日感情が悪化する可能性もありそうだ。
2014年4月30日18時14分 J-CASTニュース


慰安婦像撤去訴訟の原告代理人が辞任、事務所に「契約解除」圧力か 訴訟は継続

 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像をめぐり、在米日本人の団体が市に撤去を求めた訴訟で、原告側代理人を務めていた米大手、メイヤー・ブラウン法律事務所の弁護士が同州の連邦地裁に代理人の辞任を申請したことが分かった。「圧力」が加わったとの見方が出ている。同法律事務所は原告側に「責任を持って弁護士を紹介する」と約束しており、訴訟は継続される。
 代理人の辞任は、弁護士自身の判断ではなく、同法律事務所の方針という。
 関係者によると、同法律事務所の幹部は、韓国側が主張する「従軍慰安婦」説に反対しているとみられることで、他の顧客が離れていくことを懸念し、弁護士を代理人から退かせることを決めた。
 同法律事務所から原告側に辞任の要請があったのは4月中旬。その数日前には被告側が「提訴棄却要請」の書面を州の連邦地裁に提出していた。そのころ、集中的に法律事務所に「契約解除」の圧力が加わった可能性が高い。

 同法律事務所は原告側に、新しい弁護士の紹介のほか、これまでに支払った費用の全額を返済することや、新しい弁護士が仕事を引き継ぐまでは今の弁護士が無償で対応することを提示。原告側はこれを受け入れた。
 訴訟は、被告側の「提訴棄却要請」への反論を原告側が28日(現地時間)に提出。被告側は5月5日(同)までに再反論を提出し、その後、連邦地裁が公判開始か、提訴棄却かなどを決めていく。
 原告の一人で、「歴史の真実を求める世界連合」(GAHT)の目良浩一代表は「弁護士事務所の変更はこの訴訟に大きな影響を与えるものではないと思う」との緊急声明を発表した。
2014年4月30日10時27分 産経新聞

もちろん、韓国国内でも反日「慰安婦」押しは続いている! ↓

ソウルで開催された「慰安婦特別展」の中身とは?韓国人の反応は?

 「日本軍慰安婦被害者特別展」(韓国文化体育観光省・女性家族省主催が今年3月1日から4月13日まで、ソウル市鍾路区の「韓国歴史博物館」で開催された。特別展のテーマは「まだ終わっていない私たちの話」。
 特別展には、今年フランス南西部アングレームで開かれた国際漫画祭の出品作品22編のほか、「日本軍慰安所管理人の日記」「収容人員名簿」といった慰安婦関連の資料などが展示された。
 また会場では元慰安婦の証言に基づいて制作されたアニメーションも流されており、“いたいけな”朝鮮の少女がだまされて戦地に連れて行かれ、“憎々しい”日本軍の兵士を相手に慰安婦として無理やり奉仕させられる様子などが描かれていた。

 このほか元慰安婦たちが直接描いた絵も展示。元慰安婦の金順徳(キムスンドク)さんが1995年に描いた絵「連れられていく日」には、「花のように美しかった朝鮮の女性が日本軍に連れられていく様子を描いた」と説明書きがあった。
 元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さんが1998年に描いた絵には、「14歳のとき畑で友人と遊んでいて、軍人2人に強制的に連れて行かれる様子を描いた」という説明が書かれていた。
 元慰安婦の李容女(イ・ヨンニョ)さんが1995年に描いた絵の説明書きには「看護師としてお金を稼げるようにしてくれると聞いて、友人2人と一緒に連れて行かれた。そのときの仕事はひどく辛かったという」とあった。
 特別展を主管した博物館の館長は、韓国メディアの取材に「慰安婦被害者の歴史を証言する資料やアングレーム国際漫画祭に展示された漫画の作品を一緒に展示することで、慰安婦問題がまだ解決されていない自分たち皆の歴史であり、全人類の歴史という点を、韓国民皆が共感することが今回の企画展の趣旨」と述べていた。

 週末には親子連れや若者らも多く見学していた。展示会場では“いたいけな”朝鮮の女性たちが日本に痛めつけられたということを漫画やアニメ、説明文などを通して、来場者に訴えているので、日本人がその場にいることすらはばかれるような重々しい雰囲気だった。
 横で見学していた、ある親子連れの会話に耳を傾けると、意外にも「チョッパリ」「倭奴(ウェノム)」といった日本人を侮蔑するような言葉はもちろん、感情的な表現は使われていなかった。
 母親が小学生ぐらいの娘に対し「おばあさんたちが、日本大使館の前で日本政府に謝罪を求めているのをテレビで見たことがあるでしょう」と、淡々とした口調で説明していた。
 他の父と娘の親子連れも日本を侮辱することはなく、同じように穏やかな口調で子供にやさしく説いていた。日本大使館前で毎週水曜日に行われている元慰安婦たちのデモとは、かなりのギャップがあるように感じた。(韓国ウオッチャー)
2014年5月4日(日)17時20分配信 産経新聞

【関連記事】
世界で激化!韓国の反日嫌がらせ運動「日本人のふりして蛮行も」
今の韓国を取り巻く「反日教育」の現実=TBS、Nキャス(文字起こし)
フランスの漫画祭が「反日の場」に!日本を貶める活動続く
韓国をけなす本が日本でベストセラーに!
韓国!反日デモ集団が暴行!釜山総領事館職員けが
「嫌韓本」に学ぶ韓国対応法 知れば知るほど
反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-05-06 00:46 | 政治・経済(1341)