小学館の思惑通り?スピリッツ売り切れ続出!一方、福島で実被害も

福島県内の反発拡大 抗議声明も 「美味しんぼ」被ばく発言

 東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出す描写が議論を呼んでいる漫画「美味(おい)しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)を連載している「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)の最新号が12日発売され、福島県双葉町の井戸川克隆前町長が鼻血の原因をめぐり「被ばくしたからですよ」と語る場面があることが分かった。最新号では、主人公らとの会話の中で井戸川氏が「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いる」として、被ばくを原因に挙げた。さらに「今の福島に住んではいけないと言いたい」と発言した。福島大の荒木田岳准教授が除染作業の経験を基に「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと私は思います」と語る場面もある。また、岩手県の震災がれきを受け入れた大阪市内の焼却場近くの住民が鼻血を出したり、目やのどなどに不快な症状を訴えたりしているとの表現があった。




 漫画「美味しんぼ」が、12日発売の最新号で描写した福島第1原発事故関連の場面に関し、福島県は同日、「風評被害を増長するもので断固容認できず、極めて遺憾」と批判するコメントをホームページに掲載した。県議会主要会派も抗議声明を出すなど反発の動きが広がった。

 県は(1)第1原発取材後に主人公らが鼻血を出した原因を双葉町の井戸川克隆前町長が「被ばくしたからですよ」と断定する場面(2)福島大行政政策学類の荒木田岳准教授が「除染しても人が住めるようにするなんてできない」と述べている場面-などを問題視した。

 県は国連科学委員会の報告書などを引用し、「事故による被ばくは(鼻血などの)影響が表れる線量からはるかに低い」と反論した。除染などで空間線量率が低下していることも強調し、「特定の個人の見解が福島の現状そのものであるような印象を与えかねない」と指摘した。
 県議会では主要2会派がそれぞれ緊急に記者会見。自民党福島県連は「風評被害に立ち向かっている県民の心情を踏みにじった」、民主・県民連合は「特定の個人の意見を取り上げることで、県民への差別を助長させる」とする抗議声明を読み上げた。声明は小学館に郵送したという。
 福島大は作中の荒木田准教授の主張に対し「多方面にご迷惑をかけたことについて大変遺憾だ」とのコメントを出した。

 福島市内などの書店やコンビニエンスストアなどでは軒並み、12日発売号が売り切れた。
 県庁近くの西沢書店大町店では前日までに購入予約が相次ぎ、12日昼までに完売した。同書店の担当者は「話題になっていることもあり、すぐに売り切れた
と話した。
 民主党県連幹部は「反応すれば反応するほど作品への注目が集まる。抗議声明を出すかどうか悩んだ」と打ち明けた。

◎「風評被害助長」福島知事が批判
 福島県の佐藤雄平知事は12日、講演のため訪れたさいたま市で取材に応じ、漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出すなどの描写があった問題について、「風評被害を助長するような印象で、極めて残念」と批判した。
 12日発売号は、前双葉町長が「福島に住むな」と発言したり、福島大准教授が「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんてできない」などと話したりする場面も登場する。
 こうした描写についても問われ、佐藤知事は「今は福島県民が一丸となり、全国から復興を支援していただいている時で、このような雰囲気の漫画があって、残念で遺憾」と繰り返した。
2014年05月13日火曜日 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201405/20140513_73015.html

スピリッツでは来週も、まとめという形でこの話題を掲載するそう。小学館はまだまだ「荒稼ぎ」するつもりですね!

そういえば、岩手の瓦礫を受け入れた大阪府で鼻血が出た件は、

「大阪で、受け入れたガレキを処理する焼却場の近くに住む住民1000人ほどを対象に、お母さんたちが調査したところ、放射線だけの影響と断定はできませんが、眼や呼吸器系の症状が出ています。」
「鼻血、眼、のどや皮膚などに、不快な症状を訴える人が約800人もあったのです。」

のように近隣住民の被害を掲載したそうですが、瓦礫が処理された焼却場「大阪市環境局舞洲工場」のある舞洲は工業を中心とした人工島で、住宅街は近くにまったくない。グーグルマップの衛星写真で確認すると、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)のほうがずっと近い!USJの業務妨害でもしたいのでしょうか。
業務妨害といえば、福島県ではすでに数百名のキャンセル、その他にも10件の実被害もでているそうです! ↓


福島県・飯坂温泉で「美味しんぼ」の影響と思われる団体客宿泊キャンセルの実害…福島テレビが報じる 

漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第1原発を訪問した主人公が原因不明の鼻血を出すなど描写があった問題で、13日福島テレビ「FTVスーパーニュース」が、同漫画による実害を報道した。

a0232045_2057585.jpg 番組は騒動を受け、福島市の飯坂温泉を取材。「美味しんぼの表現を気にした保護者の反対で、県外の学校の団体客数百人が、宿泊をキャンセルした」という旅館関係者の証言をテロップで紹介。ほかにも、漫画の影響とみられるキャンセルが10件ほど確認されていて、温泉街からは怒りの声が上がっているという。

ニュースのスタッフに対し、飯坂温泉の従業員・佐藤ひとみさんは「今まで、一生懸命みんなで頑張ってきたことが台なしになってしまいかねないので、本当にやめてほしいと思います」と話している。

餃子照井飯坂店の佐藤吉則さんも「食に関することなので、わたしたちも敏感に対応しないと。飯坂温泉は観光のお客様相手なので、深刻ですよね。風評被害がまた広まるのは」と、不安を訴えていた
2014年05月14日11時49分 トピックニュース

http://www.youtube.com/watch?v=KTnXYB52uDE ←そのニュースの動画(FNN公式アカウント)

この事件では、売名したい著名人がTwitterなどで美味しんぼの擁護コメントするなど、まだまだ広がりを見せそうです。
とりあえず、取れるかどうかは分かりませんが、被害団体をまとめて小学館に集団賠償請求すべきですね!


【関連記事】
福島県双葉町、「美味しんぼ」の鼻血をめぐり小学館に抗議
東京五輪決定直前、韓国が放射能を理由に日本産水産物の輸入禁止!
脱原発派、在日・反日だらけ!?大量潜伏?スパイも?

メモ:こんなにも!?太陽光・風力など代替エネルギーの問題点
脱原発は「高価なアイスクリーム」だった!夢から覚めつつあるドイツ
原発ゼロと代替エネルギーの可能性と問題点

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-05-14 21:01 | 政治・経済(1341)