相次ぐ韓国の事故!今度は1日に3件も大規模火災

韓国は一体どうしたのか?1日に3件も、火災・事故相次ぐ―韓国紙


2014年5月20日、韓国紙・中央日報によると、韓国では19日、火力発電所に地下鉄、高校と1日で3件もの事故が発生した。国際在線が伝えた。
19日午後4時31分ごろ、ソウル市麻浦区の火力発電所で火災が発生した。消防当局によると、変圧器から火花が散ったことが火災の原因だという。消防車53台と消防士189人が出動し、火は8分後に消し止められた。火災発生現場が従業員立ち入り禁止区域だったため、死傷者は出なかった。同発電所は1930年に建設された韓国で最も古い発電所。

また、同日午後6時50分ごろ、京畿道軍浦市の衿井駅に進入中だった地下鉄4号線の車両上部にある電気絶縁装置が爆発した。これにより駅ホームのガラスが割れ、その場にいた11人が負傷、乗客と付近の住民約500人が緊急避難する事態となった。事故発生後、韓国鉄道公社は12分で修復作業を完了させ、通常運行を開始している。関係者によると、電気絶縁装置の爆発事故は毎年1~2回発生している




さらに、同日午後7時3分ごろには、大邱市の慶北大学付属高校の教室内の掃除用具入れから火が出た。廊下を通りかかった教育実習生が消火器を使って火を消したが、煙を吸っったため病院で治療を受けた。火災発生時、教室には誰もおらず、具体的な原因については現在も調査中。(翻訳・編集/藤)
2014年5月20日(火)19時25分配信 Record China


ちなみに、最後の高校の火災の詳細は、 ↓

韓国で相次ぐ事故・・・高校で火災、生徒ら500人が緊急避難=中国メディア

 韓国大邱市にある高校の校舎で19日、火災が発生し生徒や教師500人あまりが避難したと報じた。中国メディア・中国網が19日付で伝えた。
 火災があったのは、大邱市にある慶北大学付属高校の校舎。記事は、19日午後7時過ぎに5階部分から出火し、当時自習を行っていた生徒や教師ら500人あまりが直ちに避難したと伝えた。そのうち、教師1人が煙を吸うなどして病院に運ばれた
 出火後、消防車両30台あまりが出動、消防隊員100人あまりが消火活動にあたり、火は10分ほどで消し止められた。火災の原因については明らかになっていない。
 先月発生した旅客船「セウォル号」沈没事故で、現場待機の指示に従った多くの高校生が犠牲になり、緊急時の判断をめぐって大きな議論が巻き起こった。今回の火災では生徒たちが教師らの指示に従って秩序正しく避難したか、各自で避難したかについては仔細に伝えられていない。(編集担当:今関忠馬)
2014年5月20日(火)15時17分配信 サーチナ

【関連記事】
相次ぐ韓国の事故!製鉄所でガス爆発、「安全不感症」を懸念
相次ぐ韓国の事故!今度はビル崩壊に、地下鉄駅火災
韓国の「安全崩壊」止まらない!今度は「IT先進地下鉄」衝突事故
韓国軍で相次ぐ事故…戦闘機、離陸直前にミサイル“落下”
北朝鮮もあきれた「韓国ハリボテ軍隊」大崩壊惨状
韓国の新築マンションが倒壊寸前!30度傾く!!

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-05-22 00:02 | 政治・経済(1341)