6年ぶりのウォン高、韓国企業に大打撃!(短・長期チャートあり)

6年ぶりのウォン高、韓国企業に打撃 1ドル=1000ウォン接近の危険水域、日本勢には追い風に

a0232045_16252574.jpg
外国為替市場で韓国ウォンが買われ、対ドルで約6年ぶりの高値水準が続いている。ウォン高は、輸出産業が支える韓国経済にとって打撃だ。自動車や家電でライバルとなる日本メーカーには追い風となりそうだが、「韓国メーカーが一段と海外投資を進めることで、円高時代に海外で稼ぐ体質に転換した日系企業と再び激しい競争になる」との見方も浮上している。

 ウォンは4月下旬、2008年8月以来となる1ドル=1030ウォン台に上昇し、5月中旬から1020ウォン台に定着している。4月上旬までは、韓国企業の多くが採算ラインとみる1050ウォン台を維持していたが、このラインを割ると、一気に1020ウォン台に入った。





 韓国当局は為替介入によってウォンを一定水準に誘導してきた。ただ、米財務省が4月中旬、議会に提出した為替報告書などで韓国の為替介入に対する牽制(けんせい)姿勢を強めており、今後は「1ドル=1000ウォンを割る水準まで次第にウォン高が進む」(為替アナリスト)との予測も出ている。

日韓メーカーは海外で、自動車や電機などで激しい競争を繰り広げてきた。ウォン高は韓国メーカーには痛手で、輸出産業の利益を押し下げるのは間違いない。ただ、韓国メーカーも工場の海外移転を進めており、ウォン高がすぐに日本メーカーに有利にはたらくような分野は限られているとの見方が根強い。
 ウォン高が長期にわたり定着すれば、韓国企業は一段と海外投資を促すとみられる。伊藤忠経済研究所の三輪裕範所長は「韓国企業は経営判断が速く、ウォン高を機に成長性の高い東南アジアへの投資を強化する」と予測。「中長期的には、むしろ日本企業と競合する場面が増える可能性が高い」と指摘する。
2014年6月2日 6時23分産経新聞


韓国の人件費15%増、ウォン高で経済に大打撃―中国紙

a0232045_1610397.jpg
2014年6月4日、環球時報(電子版)によると、米自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)韓国はこのほど「2014年の韓国国内の人件費はウォン高で15%増加し、過去最高になった」と述べ、今後の業績への打撃を懸念した。

GM幹部は「従業員の賃金、ボーナスなど人件費が大幅に増加することで、グループ全体だけでなく、韓国の自動車業界、韓国経済が不利益を被る」と指摘した。
韓国最高裁は昨年12月、従業員のボーナスなどを基本賃金の枠内に組み込むことを決定。これにより労働者コストが大幅に増加するため、自動車業界から反発が出ていた。
韓国雇用主連合会の統計によると、今回の決定により企業全体で13兆7500億ウォン(約1兆7500億円)の負担増になると予測される。
2014年6月6日(金)5時40分配信 Record China (翻訳・編集/AA)

韓国では、この水準でもかなり危機的状況ですが、為替介入で強引にウォン安にした「リーマンショック」の頃から見るとまだまだウォン安。日本政府も韓国の介入には厳しく対応していただきたいですね!

【関連記事】
米財務省が韓国に為替介入!自粛要求へ
韓国がまた為替介入!=ウォン高ドル安阻止のため
IMFが警告「韓国賃貸住宅の保証金は危険レベル」 
韓国シンクタンク、韓国のギリシャ化を懸念!借金は発表額の3倍か
サムスン製端末、販売台数を実際の2倍と水増し発表か=内部文書
GWの韓国観光、昨年比30%減 反日政策が影響か
【断末魔の中韓経済】韓国雇用統計の「OINK」 失業率が毎年2月に悪化する理..

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-06-07 02:06 | 政治・経済(1341)