“鉄道マフィア”が組んで部品性能試験の成績書を偽造=韓国

“鉄道マフィア”が組んで部品性能試験の成績書を偽造=韓国


AVTが2012年5月に提出した、偽造された性能試験成績書。発行番号と日時が記入されていない。
“鉄道マフィア”不正をめぐり検察の捜査を受けているレール納品会社AVTは2012年、仁川空港連係鉄道(KTXと空港鉄道をつなぐ鉄道)に納品するレール締結装置の性能試験成績書を偽造し、物議をかもした。この成績書の偽造過程に“鉄道マフィア”の人脈が関与したことが6日、確認された。納品会社-設計会社-性能点検機関の“合作”だったということだ。特にAVTは当時偽造した成績書を鉄道施設公団に提出して摘発されたが、関係者は軽い制裁を受けただけだ。




中央日報が2012年9月の鉄道技術研究院の「試験成績書不適正活用など特別監査結果」報告書を6日に入手し、分析した結果だ。報告書によると、鉄道技術研究院のパク元責任研究員は当時、AVTのレール締結装置の性能試験をせず虚偽試験結果と成績書様式をAVT側にメールで送った。AVTは「欠陥がなく製作図面に適合」などの結果が書かれた成績書を鉄道公団に提出した。しかし発行日時・番号がない成績書だった。これを疑わしく思った鉄道公団の性能検証委員会が研究院に正式に発行照会をし、偽造が明らかになった。
しかし鉄道技術研究院はパク元研究員の不正を摘発しながらも、減給3カ月の軽い処罰で終えた。またAVTは成績書偽造という重大な欠陥にもかかわらず、翌年、鉄道公団が発注した湖南高速鉄道のレール締結装置の独占納品を獲得した。

ソウル中央地検は先月28日、AVTの納品不正に関与した容疑で、鉄道技術研究院とCコーポレーションを家宅捜索した。検察は空港連係レールの設計を引き受けたCコーポレーションのキム代表が、パク元研究員と組んでAVTに有利な試験成績書を作成したとみて捜査中だ。2人は鉄道高校土木科の同期生だ。また、成績書偽造事件当時、AVTのキム常務はキム代表と同じ韓国鉄道学会の会員だった。今回の捜査の対象には鉄道学会の会員が多数含まれている。
2014年6月7日(土)11時6分配信 中央日報日本語版

【関連記事】
大惨事が起きてないのは奇跡!恐くて乗れない韓国鉄道
営業開始から2カ月で故障した京春線の新型列車=韓国
韓国の鉄道「自称世界一安全」もやっぱり『ねつ造』だった!
超危険な韓国の原発!品質保証偽造で原発2基停止!大停電も
相次ぐ韓国の事故!今度はビル崩壊に、地下鉄駅火災
相次ぐ大事故!溶接引火で死傷者50人超。同様事故が年数百件

韓国旅行 ブログランキング人気ホームページランキングブログ王人気ホームページランキング

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-06-08 13:10 | 政治・経済(1341)