知的障害の姉妹、レイプされ続け出産!金は親戚が騙し取り=韓国

韓国の知的障害の姉妹、性的暴行被害で出産 金は親戚に騙し取られ―中国報道


韓国・朝鮮日報の18日付の報道によると、同国の江原道襄陽郡に住む知的障害を持った成人の姉妹が、近所に住む男から2年間にわたって性的暴行を受け、妊娠・出産していたことが分かった。姉妹はまた、親戚に金などを奪われる被害にも遭っており、人権活動家は「韓国は社会の少数の弱者の問題に冷淡すぎる」と批判している。中国・中国網が19日伝えた。

報道によると、姉妹は母親らと共に暮らしているが、自宅の窓ガラスは割れ、暖房も使用できないなど家の環境は劣悪だ。近所に住む牧師がこの家庭を訪れ、未婚で知的障害のある三女(24)のお腹が大きくなっているのに気付き、姉妹2人が近所の男から性的暴行を受け続けていたことが発覚した。
姉妹の父親は交通事故で亡くなっており、その保険金があったが、叔父とその息子に取り上げられ、障害者向けの補助金も奪われていた。また父親が残した不動産が叔父らの借金の担保になっていたことも分かった
こうした状況にある人権活動家は、「障害者など社会の少数の弱者層の問題に対して韓国は冷淡すぎる。多くの人が関心を持ち、積極的に行動することによって、対策や制度を変えることができる」と話した。
2014年6月23日(月)22時35分配信 XINHUA.JP (編集翻訳 恩田有紀)

なお、この事件では、長女27歳と三女24歳のレイプで隣りの住民75歳と50歳の男、横領などで被害姉妹の伯父69歳と従兄弟43歳が逮捕されている。貧困生活の原因にもなった横領被害額は、襄陽郡の金融機関で自身の弟名義になった40億相当の土地を担保に貸出しを受け10億8000万ウォン、また交通事故で死んだ弟の死亡保険金及び刑事合意金9000万ウォンおよび姪である被害姉妹たちに支給された障害年金1000万ウォンなどとなっている。(2014年6月16日韓国日報)

【関連記事】
母娘どんぶりに集団レイプ!知的障害女性をレイプした6人逮捕
知的障害の十代姉妹を数年間常習レイプ、施設運営の兄弟逮捕
韓国、高校生41人、中学生姉妹を1年にわたり集団レイプ。加害者は誰一人刑事罰を受けず!(密陽女子中学生集団性暴行事件)
知的障害の人妻(42歳)を集団レイプ!さらに長女も=韓国、統営
中3女子、知的障害と知られただけで別の2人からレイプ=韓国、固城
小学生3人が23歳知的障害女性をレイプ=韓国

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-06-24 02:24 | えっちな♪(400)