中国産ジャーキーが原因? 米で犬1千匹死亡

中国産ジャーキーが原因? 米で犬1千匹死亡


 米国でペット用ジャーキーを食べた犬が体調を崩したり、死んだりする被害が相次いでいる。製品に含まれる中国産の原料が関係しているとみられるが、複数のメーカー製で被害がでており、症状にもばらつきが多く、なぞが多い。米食品医薬品局(FDA)は、原因解明を急ぐとともに、むやみに与えないよう飼い主に注意を呼びかけている。
 米議会の公聴会で17日に証言したFDAのフォーファ副部長によると、ジャーキーによる被害は2007年から出始め、今年5月までに4800件の届け出があった。犬5600匹以上が食後に吐いたり、下痢をしたりして1千匹以上が死んだ。6割は胃腸の疾患、3割は腎臓や膀胱(ぼうこう)に異常があった。
2014年6月30日(月)5時12分配信 朝日新聞デジタル

【関連記事】
猛毒国家中国の真実!がん急増!恐怖の中国食品は日本へも
中国!大気汚染での死亡、年123万人!中国全体の死者の15%
韓国!73%の企業が発ガン・毒性物質垂れ流し?大企業も30年以上
ノロウイルス キムチ流通!キムチなど700トン回収へ=韓国
韓国の禁止抗菌剤含有ヒラメを3千トン輸入、業者に回収命令
韓国輸入食品に潜む危険!しじみから猛毒農薬など違反相次ぐ

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-07-01 01:27 | ちょこっと中国(32)