危険ドラッグ工場摘発、韓国籍の男ら2人逮捕=石川県七尾市

危険ドラッグ工場摘発、男2人逮捕 七尾市

 厚生労働省は石川県七尾市にある「危険ドラッグ」の製造工場を摘発し、24日までに麻薬の密輸容疑で男2人を逮捕した。
 麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたのは、七尾市の映像クリエーター・岡田実容疑者(43)と、韓国籍・趙顕夫容疑者(48)。2人は先月、粉末状の麻薬約500グラムを中国から密輸した疑いが持たれていて、岡田容疑者は七尾市の実家近くにある倉庫で、危険ドラッグを製造していたとみられている。
 2人はいずれも「麻薬とは思っていなかった」と容疑を否認しているということだが、厚生労働省は、2人が危険ドラッグの売買で毎月、百数十万円を売り上げていたとみて裏付けを進めている。
2014年7月24日(木)17時41分配信 日本テレビ系(NNN)

【関連記事】
韓国で麻薬密輸が急増、金額で昨年1年間の2.7倍
麻薬で逮捕されたチュ・ジフン、ドラマ復帰に赤信号
大麻で逮捕!BIGBANGのG-DRAGON!
韓国人気ヒップホップグループメンバー、大麻使用を自白
歌手クラウンJを大麻吸引容疑で立件、キム・ソンミンは覚醒剤
山本太郎議員「国会議員に出す弁当はベクレてる」姉は大麻、本人はレイプ疑惑も

地域情報(韓国) ブログランキング人気ホームページランキングブログ王

↑励みになるので、それぞれ毎日1回クリックお願いします!拡散・アクセス数UPにもご協力ください。
[PR]

by love_kankoku | 2014-07-28 00:37 | 社会問題(489)